Dos Monos荘子itと吉田雅史の共著刊行 ヒップホップの核心に迫る対談集

Dos Monos荘子itと吉田雅史の共著刊行 ヒップホップの核心に迫る対談集
Dos Monos荘子itと吉田雅史の共著刊行 ヒップホップの核心に迫る対談集

書籍『最後の音楽:|| ヒップホップ対話篇』/画像はAmazonから

ヒップホップグループ・Dos Monos荘子itさんと、批評家/ビートメイカーの吉田雅史さんによる対談・鼎談集『最後の音楽:|| ヒップホップ対話篇』(DU BOOKS)が、2月16日(金)に刊行される。

価格は2420円(税込)。現在Amazonほかで予約を受け付けている。

ヒップホップ誕生50周年を記念した対談・鼎談集

TaiTanさん、没 aka NGSさんとのヒップホップグループ・Dos Monosのトラックメイカー/ラッパーとして活動。

リーダーとしてグループを牽引し、台湾のIT大臣オードリー・タンさんや、小説家・筒井康隆さんとの共演歴もある荘子itさん。 そして、書籍『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』の翻訳者であり、批評家/ビートメイカー/MCとして活動する吉田雅史さん。

両者が1973年8月11日に誕生したとされるヒップホップの誕生50周年を記念して、その面白さや特異性について徹底的に議論したのが、対談・鼎談集『最後の音楽:|| ヒップホップ対話篇』となる。

カニエ・ウェストの革新性やケンドリック・ラマーのリリックを考察

対談・鼎談のゲストは、ライター/物語評論家・さやわかさん、音楽家/文筆家・菊地成孔さん、暗黒批評家・後藤護さん、DJ/サウンドエンジニア・Illicit Tsuboiさん。

J・ディラさん、マッドリブさん、カニエ・ウェスト(現イェ)さんらのビートメイクの革新性や、アルバム『DAMN.』でピューリッツァー賞音楽部門を受賞したケンドリック・ラマーさんのリリックなどをピックアップ。

そのほか、荘子itさんによる自曲解説も交えた創作論、ゲンロンカフェで行われたトークイベントを再構成したもの、書き下ろしコラムなども収録している。

『最後の音楽:|| ヒップホップ対話篇』〈目次〉※予定
一章 ヒップホップとキャラクター feat. さやわか
二章 ヒップホップと文学 feat. 菊地成孔
三章 ヒップホップと記名性
四章 ヒップホップと道化 feat. 後藤護
五章 ヒップホップと「良い音」feat. Illicit Tsuboi
六章 ヒップホップと前衛

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

ヒップホップカルチャーをもっと知る

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

ストリートの週間ランキング

ストリートの画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ