37

Dos Monosが筒井康隆とのコラボアルバム発表 冒頭5分をYouTubeで先行公開

Dos Monosが筒井康隆とのコラボアルバム発表 冒頭5分をYouTubeで先行公開

Dos Monos

ヒップホップグループ・Dos Monosが、小説家・筒井康隆さんのとのコラボアルバム『だんでぃどん feat. 筒井康隆』のリリースを発表した。

本作は文芸誌『文學界』2020年11月号に掲載された筒井康隆さんの短編「ダンシングオールナイト」と長編「ダンシング・ヴァニティ」(2008)をもとに制作された、全編トータル20分にも及ぶ組曲編成の作品。

今回は全編のうちの冒頭約5分がDos Monosの公式YouTubeチャンネルで先行公開されている。
Dos Monos - だんでぃどん feat. 筒井康隆(冒頭5分)

異色コラボを積極的に行うDos Monos

Dos MonosはこれまでにもUKのロックバンド・black midiや、USアリゾナのヒップホップグループ・Injury Reserve、台湾のIT担当大臣・オードリー・タンさんとの共作などを発表してきたヒップホップグループ。

今回は『時をかける少女』『パプリカ』『残像に口紅を』などの作品で知られる日本文学界・SF界の巨匠・筒井康隆さんとの異色の共作になっている。

筒井康隆さん

8月5日発売の『文學界』2022年9月号ではDos Monosのリーダーである荘子itさんによる本プロジェクトの制作過程を語ったインタビューも掲載。本書がプロジェクトの概要を深く理解するための手引書としても機能している。

なお、楽曲には筒井康隆さん本人の朗読に加え演劇団体「マームとジプシー」の青柳いづみさんが参加。

ジャケットワークは「MADドラえもん」などのサンプリング・アニメーションで知られる映像クリエイター・Franz K Endoさんが担当した。

筒井康隆さんの書き記した文字が巨大な化け猿に変貌する様が描かれている。

なお、Dos MoonsのオフィシャルサイトStore Dでは、『だんでぃどん feat. 筒井康隆』を全編収録したCD作品(限定500枚)の受注販売も開始。9月上旬には本楽曲のコア部分である楽曲「DOG EATS GOD feat. 筒井康隆」の配信リリースも予定されている。

ヒップホップの先端

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

35
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ