8

BAD HOPが『GQ JAPAN』表紙に 自ら語るサクセスストーリーの秘密

BAD HOPが『GQ JAPAN』表紙に 自ら語るサクセスストーリーの秘密

『GQ JAPAN』2020年4月号

POPなポイントを3行で

  • 『GQ JAPAN』表紙とインタビューにBAD HOP
  • 紳士服特集の流れでスーツに身を包むメンバー
  • サクセスストーリーの秘密を自ら語る
雑誌『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン)4月号の表紙を、ヒップホップクルー・BAD HOPが飾っている。

2月25日発売の最新号は、2020年春夏ファッションにフィーチャー。紳士の服装術をA to Z形式で特集。

表紙を飾ったBAD HOPのほか、ONE OK ROCKHey! Say! JUMP髙木雄也さんなどが誌面に登場している。

BAD HOP、少年漫画のようなサクセスストーリーを語る

表紙のほかCOVER STORYに登場しインタビューを受けているBAD HOP。

神奈川県川崎市を拠点に、8人のメンバー(T-Pablowさん、YZERRさん、Tiji Jojoさん、Benjazzyさん、Yellow Patoさん、G-k.i.dさん、Vingoさん、Barkさん)で2014年から活動を開始。

2018年には、3時間でチケットがソールドアウトした日本武道館でのライブを成功させた。
BADHOP "BreatH of South" IN 日本武道館
また2019年には東京、愛知、大阪、福岡、北海道を巡るツアーを実施。

世界的なラッパー・Drake(ドレイク)さんのヒット曲も手がけるMurda Beatzさんをはじめ、海外の著名プロデューサーが複数参加したEP『Lift Off』を発表するなど精力的に活動している。 『GQ JAPAN』4月号では、3月1日(日)には横浜アリーナでのライブ「BAD HOP WORLD 2020」を控える彼らが、これまでのサクセスストーリーの秘密を、自ら語っている。 Photographed by Yuhki Yamamoto (c) 2020 CONDÉ NAST JAPAN. All rights reserved.

今注目のポップなアーティストたち

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

1
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ