BAD HOPが『GQ JAPAN』表紙に 自ら語るサクセスストーリーの秘密

BAD HOPが『GQ JAPAN』表紙に 自ら語るサクセスストーリーの秘密
BAD HOPが『GQ JAPAN』表紙に 自ら語るサクセスストーリーの秘密

『GQ JAPAN』2020年4月号

POPなポイントを3行で

  • 『GQ JAPAN』表紙とインタビューにBAD HOP
  • 紳士服特集の流れでスーツに身を包むメンバー
  • サクセスストーリーの秘密を自ら語る
雑誌『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン)4月号の表紙を、ヒップホップクルー・BAD HOPが飾っている。

2月25日発売の最新号は、2020年春夏ファッションにフィーチャー。紳士の服装術をA to Z形式で特集。

表紙を飾ったBAD HOPのほか、ONE OK ROCKHey! Say! JUMP髙木雄也さんなどが誌面に登場している。

BAD HOP、少年漫画のようなサクセスストーリーを語る

表紙のほかCOVER STORYに登場しインタビューを受けているBAD HOP。

神奈川県川崎市を拠点に、8人のメンバー(T-Pablowさん、YZERRさん、Tiji Jojoさん、Benjazzyさん、Yellow Patoさん、G-k.i.dさん、Vingoさん、Barkさん)で2014年から活動を開始。

2018年には、3時間でチケットがソールドアウトした日本武道館でのライブを成功させた。
BADHOP "BreatH of South" IN 日本武道館
また2019年には東京、愛知、大阪、福岡、北海道を巡るツアーを実施。

世界的なラッパー・Drake(ドレイク)さんのヒット曲も手がけるMurda Beatzさんをはじめ、海外の著名プロデューサーが複数参加したEP『Lift Off』を発表するなど精力的に活動している。 『GQ JAPAN』4月号では、3月1日(日)には横浜アリーナでのライブ「BAD HOP WORLD 2020」を控える彼らが、これまでのサクセスストーリーの秘密を、自ら語っている。 Photographed by Yuhki Yamamoto (c) 2020 CONDÉ NAST JAPAN. All rights reserved.

今注目のポップなアーティストたち

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。