28

POPなポイントを3行で

  • ロンブー淳、YouTuberデビュー
  • 以前からYouTube活動に意欲を示していた
  • 「2人揃ってロンドンブーツチャンネルをやりたい」

最新ニュースを受け取る

【ご報告】ロンブー淳 YouTubeをはじめる理由をお話いたします。そして、これからのことも。

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号田村淳さんが自身のYouTubeチャンネル「ロンブーチャンネル」を開設した。

開設後初の動画ではチャンネル開設に至った理由と相方・亮さんへの思いを話し、これからの活動に意欲を示した。

以前からYouTubeに興味を抱いていた田村淳

田村淳さんは8月に、YouTuberグループ・[レペゼン地球]]のチャンネルでDJ社長さんとの対談動画に出演。

テレビというメディアの第一線で活動してきた淳さんとYouTubeという注目メディアでファンを抱えている両者の対談は大きな話題になった。 対談時に淳さんは「俺YouTuberになるよ」とDJ社長さんに宣言しており、今回それが実現した形になる。

田村淳「(亮さんと)何か一緒にできたらいいな」

今回のチャンネル開設について淳さんは冒頭で「亮さんには何も言ってないので、きっと彼はこのYouTubeをみて(中略)知ると思います」と発言。

その後には「僕の中でロンドンブーツという活動を続けていきたいという思いは強くありますし、僕一人の勝手な行動ではあるんですけど、YouTubeを始めていつの日かまた、いつになるのかはわかりませんけど、このロンドンブーツチャンネルで何か一緒にできたらいいなと思って開設いたしました」と語り、現在闇営業問題を受けて謹慎中の相方・亮さんへの思いからチャンネルを開設したことを明かした。

さらに25年間コンビとして共に活動してきた亮さんについて、淳さんは「何もしてないんじゃないかって思うことも多々あった」ものの「いなくなってから本当の意味で亮さんの存在の大きさに気づいた」と正直な気持ちを吐露。

視聴者からは「個人チャンネルではなくロンブーチャンネルにしてるところに愛を感じる」「YouTubeなら亮さんも戻ってきやすそうだなと思う 優しすぎるでしょ」と温かいコメントが多く寄せられている。

闇営業問題を巡っては、反社会的勢力との関わりを発端に、タレントの軽率な行動やその後の嘘の報告はもちろん、吉本興業側の対応や企業体質など、日本の芸能界の課題が浮き彫りとなる結果に。

反社会的勢力が主催する会合に出席したとして6月から謹慎処分となっていた吉本興業所属のタレントのうち、宮迫博之さんと田村亮さんを除く11人は8月に復帰しているが、2人の今後については不透明なまま。

動画の最後で淳さんは、「ああ…やっと言えるわ」と気持ちを込めて、「皆さん、是非チャンネル登録をよろしくお願いします」というお決まりのフレーズで、YouTuberデビューを振り返った。

株式会社LONDONBOOTS設立

YouTube投稿開始の翌日、12月2日には、田村亮さんと共に、株式会社LONDONBOOTSを設立したことも電撃発表。

田村淳さんは、自身が代表取締役として会社の運営していくことを明かした。

ただし、吉本興業からの独立ではなく、あくまで田村亮さんと吉本興業を繋ぐための会社であることを説明している。

YouTubeのテレビ化

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「田村淳」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 15

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ