25

POPなポイントを3行で

  • 覚せい剤の精製で大学の化学教授が逮捕
  • 大学の研究室で堂々と覚せい剤を精製
  • “リアル”ブレイキング・バッドだと話題に

最新ニュースを受け取る

化学教授が覚せい剤精製で逮捕 “リアル”ブレイキング・バッドと話題

「Breaking Bad」/画像はすべてブレイキング・バッドオフィシャルサイトから

米ニューヨーク・タイムズが11月17日に、大学の化学教授が覚せい剤を精製したとして逮捕されたと報じ、“リアル”ブレイキング・バッドだと話題を呼んでいる。(外部リンク)。

アメリカを中心に世界中で大ヒットしたドラマ『ブレイキング・バッド』は、高校の化学教師がその知識を応用し、覚せい剤を精製することで社会の暗部に身を落としていく物語。

ドラマの続編としてNetflixで製作された『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』は、配信から7日間で視聴者数が2500万人を超えたことで注目を集めた。
『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』予告編

アクセス容易な化学物質から精製

Breaking Bad

Breaking Bad

今回逮捕されたのは、アメリカ・ヘンダーソン州立大学の化学教授であるテリー・ベイトマンさんとブラッドリー・ローランドさんの2人。

精製された覚醒剤は、比較的アクセスが容易な化学物質を材料につくられていたため、大学の研究室で独自配合で精製されていた。

2人は覚醒剤を精製した疑いで逮捕されたが、罪状は公表されておらず、裁判所への出頭時期も未定になっているという。

アウトローたちの世界

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「Netflix」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 20

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ