21

POPなポイントを3行で

  • 『HELLO WORLD』のその後を描いた小説
  • 野﨑まどが書き下ろし
  • noteで全文無料公開中
映画『HELLO WORLD』その後の小説をnoteで公開 野﨑まど書き下ろし

『HELLO WORLD』/画像はTwitterアカウント映画『HELLO WORLD』から

現在公開中の映画『HELLO WORLD』の結末から約1ヶ月後を描いた小説「遥か先」がnoteで無料公開された(外部リンク)。

本作で脚本を務めた作家・野﨑まどさんの書き下ろしで、約9500字の短編となっている。

なお作品のネタバレにも繋がっているため、まえがきに「映画をご覧になってからお楽しみください。」と注釈が置かれている。


映画『HELLO WORLD』を愛してくれた全ての人に、感謝を込めて。脚本を手掛けた野﨑まど氏による書き下ろし小説「遥か先」をお届けします。ナオミと過ごしたあの日々から約一か月、直実はある悩みを抱えていた──。 【特別寄稿】映画『HELLO WORLD』野﨑まど書き下ろし小説「遥か先」

話題のSFアニメ『HELLO WORLD』

9月20日に公開された『HELLO WORLD』。

物語は京都に住む高校生の主人公・直実の前に、10年後の自分を名乗るナオミが現れるところから始まる。

ナオミは後に恋人となる一行瑠璃が事故で死亡することを知らせ、その事故を回避するようにと伝える。直実は事後を防ぐために奔走するのだが、そのなかで隠されていた大きな秘密を知ることになる。

監督は劇場版『ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』を手がけた伊藤智彦さん、脚本を現在放送中のアニメ『バビロン』の原作者・野﨑まどさんが務める話題作となっている。

「野﨑まど」という才能

ミステリーにSF、ライトノベルと、多岐にわたる分野で執筆してきた小説家・野﨑まどさん。

2009年のデビューからまだ10年だが、読者を驚かせるギミックや技巧に長け、その才能は小説好きの間では知られている。

また、2017年に放送されたTVアニメ『正解するカド』では脚本をつとめた。

『HELLO WORLD』がアニメへの脚本参加として2作目となるが、現在、野﨑まどさんの原作をTVアニメ化したアニメ『バビロン』も放送中だ。

引っ張りだこの人気作家「野﨑まど」の知名度が、いよいよ知れ渡る年となりそうだ。

Amazonで野﨑まどの小説をチェックする

話題作が続々

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「HELLO WORLD」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 10

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ