12

POPなポイントを3行で

  • 「SAO」伊藤智彦のアニメ『HELLO WORLD』2019年公開
  • 脚本・野崎まど、キャラデ・堀口悠紀子
  • アニメ制作は『SSSS.GRIDMAN』のグラフィニカ

最新ニュースを受け取る

「SAO」伊藤監督、野崎まど脚本 劇場アニメ『HELLO WORLD』2019年公開

『HELLO WORLD』(ハロー・ワールド)/画像は東宝映画情報公式Twitter(@toho_movie)より

ソードアート・オンライン」シリーズを手がけた伊藤智彦監督によるオリジナル劇場アニメ作品『HELLO WORLD』(ハロー・ワールド)が2019年秋に公開される。

脚本を『正解するカド』でアニメ脚本デビューを果たした小説家・野崎まどさん、キャラクターデザインは『けいおん!』をはじめ、最近では声優アイドル・22/7(ナナブンノニジュウニ)も手がける京都アニメーション出身の堀口悠紀子さんが担当。

アニメーション制作は『楽園追放 -Expelled from Paradise-』や放送中の『SSSS.GRIDMAN』でも話題のグラフィニカが手がける。

情報解禁にあわせてオープンした公式サイトでは、伊藤監督から「"いま、つくるべき映画"として、この作品をみなさんに早くお届けしたいという気持ちでいっぱいです」といったコメントも公開されている。

新元号となる年に、新たなチームと、新しい映画を作ることができて大変ありがたく思っています。野﨑さん、堀口さんをはじめ、このチームだからこそ目指すことのできる、"いま、つくるべき映画"として、この作品をみなさんに早くお届けしたいという気持ちでいっぱいです。現時点ではまだタイトルだけしかお知らせできませんが、どうぞご期待ください。メインスタッフそれぞれを応援してくださっているファンの方だけでなく、世界中の方に楽しんでいただけるエンターテインメント作品となるよう、完成までがんばります! 『HELLO WORLD』公式サイトより

TVアニメ化作も控える鬼才 野崎まど

期待感が高まる制作陣のなかでも注目したいのが、2017年に『正解するカド』でアニメファンに加えSFファンをも驚かせた野崎まどさんだ。
『正解するカド』 予告第1弾 : Concept Trailer
2009年に第16回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞した『[映]アムリタ』でデビュー。2013年の『know』が第34回日本SF大賞にノミネートされた。

2018年3月には代表作である「バビロン」シリーズのTVアニメ化が発表(関連記事)。刺激的で中毒性の高い文章は“読む劇薬”とも称されており、いまもっとも注目を集める作家のひとりだ。

アニメの話をしよう

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「HELLO WORLD」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 7

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ