14

POPなポイントを3行で

  • アメリカの下着ブランドがトランスジェンダーモデルを初起用
  • 超絶美人のヴァレンティーナ・サンパイオ
  • 本人「夢を決して諦めないで」とコメント

最新ニュースを受け取る

アメリカの下着ブランド・Victoria’s Secret(ヴィクトリアズ・シークレット)が、ブラジル出身のトランスジェンダーモデルのValentina Sampaio(ヴァレンティーナ・サンパイオ)さんと契約したことがわかった。同ブランドによるトランスジェンダーモデルの起用は初めて。

ヴァレンティーナさんは自身のInstagramにて、ヴィクトリアズ・シークレットの姉妹ブランド・PINKのカタログ撮影でのバックステージ写真を投稿。「Never stop dreaming genteee 💋💋💋」(みんな、夢を決して諦めないで)とコメントした。

衝撃的な美しさのヴァレンティーナさん

ヴァレンティーナさんは、ブラジルのサンパウロでモデルキャリアをスタート。しかし、トランスジェンダー起用を認めないクライアントが多く、一時はモデル活動をほとんど休止していた。

しかし2016年、サンパウロ・ファッションウィークでランウェイを歩き、化粧品ブランド・L'Oréalが彼女のショートフィルムを国際女性デーにリリースしたことで脚光を浴び、同ブランドのブランドアンバサダーに起用される。 そして、2017年の2月に発行されたファッション誌『VOGUE』フランス版3月号の表紙に抜擢。VOGUEで初めてカバーガールに起用されたトランスジェンダーモデルとなり、ヴァレンティーナさんは国際的な注目を浴びることとなった。

前年にはブランドからの謝罪も

ヴァレンティーナさんは2018年にはヴィクトリアズ・シークレットのショーでランウェイを歩くも、契約にいたらなかった。

2018年11月、ヴィクトリアズ・シークレットを所有する「L Brands」の最高マーケティング責任者であり、数々のエンジェル(※同ブランドのモデルの愛称)たちを生み出してきたエド・ラゼックさんが、Vogueアメリカ版に対しコメント。

「トランスジェンダーのモデルをショーに出演させるべきか? ノーだ。私たちがすべきことではない。なぜならヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショーはファンタジーであり、42分間の特別なエンターテイメントだからだ」と発言したことで大きな批判を浴びていた(外部リンク)。

これを受け、ヴィクトリアズ・シークレットは公式Twitterで正式に謝罪。さらに、ヴァレンティーナさんのヴィクトリアズ・シークレット契約の一方で、エド・ラゼックさんの辞任も報じられた。

ヴァレンティーナさんの代理人は、彼女が「壁を打ち破る最高の機会です」と述べているとNew York Timesに明かしている(外部リンク)。

日本の美女はコチラ

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「Victoria’s Secret」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 2

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ