配信サービス「Disney DELUXE」発表 スターウォーズ、マーベルも見放題に

配信サービス「Disney DELUXE」発表 スターウォーズ、マーベルも見放題に
配信サービス「Disney DELUXE」発表 スターウォーズ、マーベルも見放題に

(C)Disney (C)Disney/Pixar (C) & ™ Lucasfilm Ltd. (C)Marvel

POPなポイントを3行で

  • ディズニーとドコモが定額動画配信サービス「Disney DELUXE」発表
  • ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルが月額700円
  • 米ディズニーが準備する「Disney+」との住み分けは?
ウォルト・ディズニー・ジャパンとNTTドコモが、ディズニーピクサースター・ウォーズマーベルのデジタルコンテンツが見放題となる定額動画配信サービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」を発表した。月額700円にて3月26日(火)より提供される。

NTTによるdアカウントと、ディズニーアカウントの登録が必要となるが、ドコモ以外のユーザーも利用できるとのことだ。

4つのアプリで展開

Disney Deluxeは4つのアプリによって構成される。これまでストリーミング配信されなかったものを含む、上記4ブランドの新作・旧作映画やTV作品が視聴できる「Disney THEATER(ディズニー・シアター)」、最新公開映画と連動したコンテンツや限定グッズや特典などが手に入る「Disney DX」「STAR WARS DX」「MARVEL DX」がある。

「Disney THEATER」で配信される『アナと雪の女王』

「Disney THEATER」では、定額配信サービス初登場となる『アナと雪の女王』『リメンバー・ミー』や、4月から配信予定の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』はじめ話題映画や日本初登場となるテレビ作品などが楽しめる。

「5G」見据えた展開

NTTドコモとしては、次世代モバイル通信の「5G」が2020年春に商用化するにあたり、動画配信を拡充する狙いがあると見られる。

なお同サービスは、米ディズニーが2019年後半より提供予定としている定額動画配信サービス「Disney+」とは異なるもの。 「Disney+」の日本版ローンチ後、「Disney DELUXE」がプラットフォームとしてどう差別化していくかが気になるポイントではあるが、世界を代表する人気コンテンツが一挙に視聴可能になるのはユーザーとしては嬉しいこと。サービス開始を楽しみに待ちたい。

ディズニー帝国、任天堂と組まないかな?

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

音楽・映像の週間ランキング

音楽・映像の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ