16

POPなポイントを3行で

  • 2017年に完結した『逃げ恥』が連載再開
  • 1月25日発売の『KISS』に掲載
  • 空前のヒットとなったドラマ

最新ニュースを受け取る

2016年に星野源さん、新垣結衣さん主演でドラマ化され空前の大ヒットとなった、海野つなみさん作の人気ラブコメ漫画『逃げるは恥だが役に立つ』(『逃げ恥』)が、約2年ぶりに連載が再開された。

1月25日発売の『Kiss』3月号(講談社)で掲載されている。逃げ恥クリアファイルが付録。

説明不要の『逃げ恥』ブーム

漫画『逃げ恥』は、『Kiss』で2012年22号より連載開始し、2017年2月号で完結。仕事として夫婦関係を結ぶという“契約結婚”を交わした森山みくりと津崎平匡の2人を中心に、登場人物たちの心の動きや決断を描いた。

単行本は全9巻刊行。2016年にドラマ化され、社会現象となるほどの空前の大ヒットを記録した。
星野源 - 恋【MV & Trailer】/ Gen Hoshino - Koi
主演の新垣結衣さんや星野源さんをはじめとしたキャスト陣が、エンディングで星野源さんが歌う主題歌「恋」に合わせて踊る「恋ダンス」も一大ブームに。

「恋ダンス」の踊ってみた動画は日々ネット上をにぎわせ続け、最終的にはキャロライン・ケネディ駐日大使らが踊る「アメリカ大使館・領事館バージョン」もYouTubeにて公開された。

海野先生、再開ありがとう

連載が完結している『逃げ恥』だが、連載終了後、海野さんは『別冊 花とゆめ』での漫画家・久世番子さん、松田奈緒子さんとの対談において、「ひとつくらい描き忘れたという位のほうがいいんじゃない?」と漫画の最終回について語っている。(外部サイト

もしかすると、海野さんのなかでも、さらに描きたい部分が『逃げ恥』で膨らんできたのかもしれない。 連載再開となる第44話は、「一月往ぬる 二月逃げる 三月去る」。契約結婚から始まった結婚も、正式に夫婦となってから2年目に突入し、共働き生活となったみくりと平匡それぞれの会社での悩みや変化などが繰り広げられる。

また、読者的には、最終回後に掲載された番外編の主人公でもあった、みくりの叔母である「百合ちゃん」こと土屋百合のその後の恋の行方も気になるところ。

ドラマと同時期に原作も一度は完結し、「逃げ恥ロス」と騒がれた本作。連載再開も耳目を集めている。

記事初出時、タイトルに誤りがあったためお詫びして訂正いたします

いろんな人が「恋ダンス」を踊った

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「逃げるは恥だが役に立つ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 7

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ