ピクシブが新サービス「VRoid Hub」発表 自作3Dアバターのプラットフォーム

ピクシブが新サービス「VRoid Hub」発表 自作3Dアバターのプラットフォーム
ピクシブが新サービス「VRoid Hub」発表 自作3Dアバターのプラットフォーム

投稿プラットフォーム「VRoid Hub(ブイロイド・ハブ)」

POPなポイントを3行で

  • ピクシブが3Dキャラクター投稿プラットフォームを開発
  • 2018年12月に公開予定
  • 各種動画配信プラットフォームとの連携も可能
イラストコミュニケーションサービス・pixivを展開するピクシブ株式会社が、新サービス「VRoid Hub」をリリースすることを発表した。公開日は2018年12月を予定している。

「VRoid Hub」は、作成した3Dキャラクター(人型アバター)のモデルデータをアップロードし、各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツで共通のアバターとして利用できる投稿プラットフォーム。

同時に、各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ上からVRoid Hub上の3Dキャラクターを利用可能にするためのソフトウェア開発者向けキット「VRoid SDK」の提供も行うという。

3D事業の発表続くピクシブ

「VRoid Hub」は、投稿した3Dキャラクターのプロフィールを他のユーザーと共有したり、モデルデータを配布することが可能となるサービスだ。

3Dキャラクターのプロフィールページイメージ

さらにライブ動画ストリーミングプラットフォーム「SHOWROOM」、ゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」、ライブ配信アプリ「17 Live」、ゲーム配信アプリ「Mirrativ」、ゲーム制作者NABY氏が提供するバーチャルワールド作成ゲーム「Vワールド」との連携も予定している。

ピクシブ株式会社は、2018年7月にも3Dキャラクターをお絵かき感覚で作成することができるツール「VRoid Studio」を公開。 これまで高価かつ難解だといわれていた3Dモデリングツールによる制作の障壁をなくし、生産性を飛躍的に向上させるソフトだとして発表時から大きな注目を集めている。

近年は3Dキャラクターを用いたバーチャルYouTuber(VTuber)の流行やインディーズゲームの開発をはじめ、商業利用だけでなく個人にまで3Dに関する技術の需要が高まっている。

自作3Dアバターのプラットフォームがシーンに対してどのような役割を持っていくのか、12月のリリースを楽しみに待ちたい。

新しい技術から生まれる新しい文化

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

情報化社会の週間ランキング

情報化社会の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ