26

POPなポイントを3行で

  • 『天 天和通りの快男児』がドラマ化決定
  • 主人公の天貴史は岸谷五朗が演じる
  • 赤木しげるは誰が演じるのか……

最新ニュースを受け取る

福本伸行『天』ドラマ化 裏麻雀界の頂点を決める原点的作品

『天 天和通りの快男児』/画像は公式サイトより

漫画家・福本伸行さんの『天 天和通りの快男児』がドラマ化決定。2018年秋にテレビ東京、BSジャパンで放送される。

アカギ 〜闇に降り立った天才〜』のスピンオフ元としても知られる同作。主人公の天貴史を演じるのは岸谷五朗さんだ。

福本伸行の真骨頂『天 天和通りの快男児』

天 天和通りの快男児1巻

天 天和通りの快男児1巻

『カイジ』『アカギ』『銀と金』をはじめ、人間の極限を描いたギャンブル漫画の第一人者である福本伸行さんの作品『天 天和通りの快男児』。

1989年から2002年にかけて雑誌『近代麻雀ゴールド』にて連載、全18巻で完結している。

物語は、雀荘で素人相手に荒稼ぎをしていた井川ひろゆきが、無類の勝負強さをもつ代打ち・天貴史に出会うことから始まる。

麻雀の世界に没入していくにつれ、、神域の男と呼ばれる伝説の雀士・赤木しげるや関西屈指の現役最強の雀士・原田克美らと出会い、やがては日本の裏麻雀界の頂点を決める戦いに挑んでいく、という作品だ。

『天』のドラマ化は今回が初だ。物語のどこまでを描くことができるのか、続報にも期待がかかる。

ギャンブルの話

こんな記事も読まれています

作品情報

『天 天和通りの快男児』

放送 テレビ東京にて2018年秋放送 BSジャパンでも放送(放送時期未定)
配信 動画配信サービス『Paravi(パラビ)』 で配信決定
原作 福本伸行「天 天和通りの快男児」(竹書房)
主演 岸谷五朗
脚本 根本ノンジ(「銀と金」('17)「フリンジマン」('17)「黒い十人の秋山」('17)「スモーキング」('18))、政池洋佑、宮本正樹
監督 二宮崇、柴田啓佑、宮脇亮
チーフプロデューサー 山鹿達也(テレビ東京)
プロデューサー 松本拓(テレビ東京)、倉地雄大(テレビ東京)、渋谷英史、小林泰子
制作 テレビ東京 / The icon(ジ・アイコン)
製作著作 「天」製作委員会

【イントロダクション】
麻雀の「理」に対して深い造詣を抱き、雀荘で素人相手に荒稼ぎをしていた井川ひろゆきは、ある日、麻雀の請負業(=代打ち)を営む天貴史(岸谷五朗)と出会う。天は、無類の勝負強さと強い意思をもつ代打ちで、ひろゆきは天に憧れ、麻雀の世界に没入していく。やがて天とひろゆきは、神域の男と呼ばれる伝説の雀士・赤木しげるや関西屈指の現役最強の雀士・原田克美らと出会い、日本の裏麻雀界の頂点を決める戦いに挑んでいく。麻雀を通して、男たちの命をかけた圧倒的な心理戦を熱く描く。

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

「福本伸行」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 15

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ