89

『宝石の国』映像美に迫る MdNでアニメの撮影処理を特集

『宝石の国』映像美に迫る MdNでアニメの撮影処理を特集

『月刊MdN』11月号

2017年10月6日(金)発売の『月刊MdN』11月号は、「アニメを観たり、語るのは楽しい。でも…… 撮影を知るとその200倍は楽しい!」と題した特集が掲載される。

アニメの作画の魅力を知っている人は多い一方、撮影についての魅力を知らない人が多いのが現状。

今回の特集では、その撮影のクリエイティブについてクローズアップしていくという。

アニメの映像をより魅力的にするもの

『月刊MdN』は、デザインとグラフィックの総合情報誌。デザイナーの仕事の役に立つ情報をグラフィックやデザイン、イラストやマンガなど様々なカルチャー情報と合わせて発信している。

11月号の見どころは、表紙と特集冒頭でTVアニメ『宝石の国』の映像美について取材。 監督をつとめる京極尚彦さんのほか、撮影監督・藤田賢治さんやVFXアートディレクター・山本健介さんのインタビュー、3D的なルックとセルルックを融合させたような映像表現を生み出すVFX・撮影処理について18ページに渡って紹介される。

さらに、特集のメインコーナーでは、実際の作品における印象的なシーンを通して「レンズフレア」「パラ」「透過光」などのさまざまな撮影処理を知ることができる。 そのほか、山田豊徳さん、泉津井陽一さん、脇顯太朗さん、伏原あかねさんら撮影監督による映像のこだわりシーンを紹介していくコーナーや、ブックカバーの空間演出をするグラフィックデザイナー・川谷康久さんのインタビューも掲載される。

クリエイターはもちろん、アニメファンにとっても制作の裏側を知ることで、より深くアニメを楽しむことができそうだ。

『月刊MdN』を少し覗き見する!

アニメ界のトレンドな話題!

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

31
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ