108

低解像度の写真を高画質に! 画期的なオープンソースプログラムが登場

低解像度の写真を高画質に! 画期的なオープンソースプログラムが登場

画像左から「16×16ドットの画像」、「通常のバイキュービック法で64×64ドットに引き伸ばしたもの」、「『srez』で出力されたもの」、「元画像」/GitHubより

解像度の低い画像を、深層学習(ディープラーニング)を用いて高画質化するプログラム「srez」が、GitHubにて公開されている。

このプログラムを作成したのは、ソフトウェアエンジニアのDavid Garciaさん。

16×16ドットの低画質画像を、縦横4倍の64×64ドットの高画質画像に出力するというもので、サンプルではオリジナルに近い品質で人の顔が写し出されている様子がうかがえる(画像左から3番目)。

ただし、サンプルはすべて顔が正面を向いているものとなっているが、顔が正面を向いていなかったり画像が暗かったりすると画質が低くなってしまうという課題が残っている。

「srez」の動作環境はGitHubにて詳しく書かれているため、気になる方は要チェックだ。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

45
Share
20
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ