163

”のん” 能年玲奈が声優デビュー!『この世界の片隅に』主演に抜擢

”のん” 能年玲奈が声優デビュー!『この世界の片隅に』主演に抜擢

11/12(土)公開『この世界の片隅に』本予告

11月12日(土)より全国ロードショーされるアニメ映画『この世界の片隅に』で、女優ののんさんが主人公・すず役を演じることが発表された。本予告映像で、のんさん演じるすずの声を聞くことができる。
『この世界の片隅に』本予告映像
本作でアニメ映画初出演となるのんさん。「のんさん以外のすずさんは考えられない」と、監督をつとめる片渕須直さんによる大抜擢で主演が決定した。

そのほか、すずの夫・周作役には細谷佳正さん、義姉・径子役は尾身美詞さん、小学校の同級生・哲役は小野大輔さん、すずさんの妹・すみ役に潘めぐみさん、周作の父・円太郎役に牛山茂さん、周作の母・サン役に新谷真弓さん、そして特別出演に松竹新喜劇の座長・澁谷天外さんと、豪華声優陣が名を連ねている。

コトリンゴさん

また、片渕須直さんの前作『マイマイ新子と千年の魔法』の主題歌でもタッグを組んだ、シンガーソングライターのコトリンゴさんが音楽を担当する。

『この世界の片隅に』キービジュアル

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

こんな記事も読まれています

作品情報

この世界の片隅に

公開日
2016年11月12日(土)テアトル新宿、ユーロスペースほか全国ロードショー
キャスト・スタッフ
声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世
/ 澁谷天外
監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)
企画:丸山正雄
監督補・画面構成:浦谷千恵
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎
製作統括:GENCO
アニメーション制作:MAPPA
配給:東京テアトル

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

55
106
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ