162

最新ニュースを受け取る

新作OVA『セイバーマリオネットJ・ラスト ストーリー』制作決定

画像は『セイバーマリオネットJ to X』

あかほりさとるさん・ねぎしひろしさんによるアニメ・小説作品として展開され1990年代に人気を博した「セイバーマリオネット」シリーズの新プロジェクトが始動。

小説「セイバーマリオネットJ」を原作とする新作OVA(オリジナル ビデオ アニメーション)として、「セイバーマリオネットJ・ラスト ストーリー」を2016年に展開する予定だと発表した。

90年代に一世を風靡した「セイバーマリオネット」

「セイバーマリオネット」は、ラノベ作家として活躍し『アベノ橋魔法☆商店街』をはじめ数多くのアニメ作品で脚本・構成なども手がけるあかほりさとるさんと、TVアニメ版『天地無用!』などを手がけるアニメ監督・ねぎしひろしさんが原作の作品。

戦闘能力を持った女性型アンドロイド「セイバーマリオネット」を描く物語として、アニメ・小説・漫画といったメディアミックスで展開され、人気を博した。

1995年から1999年までの間に、2度のTVアニメ化・2度のOVA化を果たしている。

「セイバーマリオネット」7月の発表からついに続報

1998年から1999年にかけて放送されたTVアニメ『セイバーマリオネットJ to X』以降、アニメ化はされていなかったが、ついにその長い沈黙を破って、実に17年ぶりのアニメ化となる。

「セイバーマリオネット」の新プロジェクト始動については、2015年7月、原作使用許諾契約を締結したというAICプロジェクトの公式HPで告知され、セイバーマリオネットたちと思われる3人のシルエットも公開されていた。 しかしその後、一向に続報が発表されていなかったが、ついにその全容の一部が明らかになった。 新作アニメ化が決定した「セイバーマリオネットJ」は、既にTVアニメ・OVA化されている作品だが、「ラスト ストーリー」と銘打たれていることから、それらを締め括る内容となることが予想される。

思い入れの強いアニメファンが多い作品だけに、復活を喜ぶ声と同等に、「キャラデザはことぶきつかさ先生以外は認めない」「もちろんオープニングは林原めぐみだよね?」「キャストは変更しないでくれえええええ」など、早くも新作を不安視する声もあがっている。

かつて一世を風靡した作品が、どのような形で現代によみがえるのか楽しみだ。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「セイバーマリオネット」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 73

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ