220

『SWITCH』1月号表紙はスプラトゥーン×浅野いにお ゲームの30年を特集

『SWITCH』1月号表紙はスプラトゥーン×浅野いにお ゲームの30年を特集

『SWITCH』Vol.34 No.1(1月号)表紙

12月20日(日)に刊行されるカルチャーマガジン『SWITCH』1月号の表紙を、漫画家・浅野いにおさんが手がけることが明らかになった。

本号では「ゲームの30年 1985-2015」と題し、日本のゲームが歩んできた30年の歴史を特集。それに合わせて、任天堂のWii U向け大人気対戦アクションゲーム『Splatoon』(スプラトゥーン)をテーマとした表紙を描き下ろし提供する。

また、特集巻頭では、『ICO』『ワンダと巨像』で知られ、次回作『人喰いの大鷲トリコ』を開発中のゲームデザイナー・上田文人さんと、ミュージシャン・星野源さんによる対談が掲載される。

日本のゲーム史を紐解く特集

「ゲームの30年 1985-2015」では、1985年に発売されたファミリーコンピュータ向けゲーム『スーパーマリオブラザーズ』から現在まで連なるテレビゲームの歴史を、64ページにわたって特集。

『スーパーマリオブラザーズ』の手塚卓志さん、『ポケットモンスター』の石原恒和さんと田尻智さん、『鉄拳』の原田勝弘さん、『ファイナルファンタジー』の坂口博信さん、『モンスターハンター』の辻本良三さんなど、ゲーム史に残る名作を生み出してきた有名クリエイターやスタッフへのインタビューを通して、その創作の原点とゲームの未来の展望を探る内容となっている。

本号では、Wii Uで高い人気を誇る『スーパーマリオメーカー』と『スプラトゥーン』のキャラクターステッカーを特典として封入。

また、『SWITCH』オンラインストアでの購入者を対象に、浅野いにおさん描き下ろしの表紙イラストのクリアファイル、またはポスターがプレゼントされる。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

105
107
8
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ