1317

最新ニュースを受け取る

3DCGで再現された『MOTHER2』の街並みがすごすぎる!

ChristopherBehr.com ©2013

1994年、「おとなも こどもも おねーさんも。」のキャッチコピーで知られる、スーパーファミコン用ゲームソフト『MOTHER2 ギーグの逆襲』。

任天堂のファミリーコンピュータ発売30周年である今年2013年には、Wii Uのバーチャルコンソールでの配信も開始され、発売から約20年経った今もなお多くのファンに愛されている、往年の名作RPGゲームです。

そんな『MOTHER2』の主人公・ネスが住む街「オネット」を、3DCGでリメイクしたファンアートが話題を集めています。

ネスの住む街「オネット」の街並みを鮮やかに再現!

上:スーパーファミコンのオリジナル版|下:Behrさんの3Dグラフィック版 / ChristopherBehr.com ©2013

上:スーパーファミコンのオリジナル版|下:Behrさんの3Dグラフィック版 / ChristopherBehr.com ©2013

このオネットの街並みを美しくリメイクしたのは、アメリカの3Dデザイナー・Christopher Behrさん。「CINEMA 4D」という3DCGソフトと、写真編集・加工ソフトの「Photoshop」を使って制作されたそうです。
ピザ屋とゲームセンター。なまいきボーダーやおちょうしものキッド、はねっかえりキッド、そして裏庭にはフランクさまとフランキースタイン2の姿も。 / ChristopherBehr.com ©2013

ピザ屋とゲームセンター。なまいきボーダーやおちょうしものキッド、はねっかえりキッド、そして裏庭にはフランクさまとフランキースタイン2の姿も。 / ChristopherBehr.com ©2013

ホテルの前を走るネスとチビ / ChristopherBehr.com ©2013

ホテルの前を走るネスとチビ / ChristopherBehr.com ©2013

ベーカリーとポリスマン / ChristopherBehr.com ©2013

ベーカリーとポリスマン / ChristopherBehr.com ©2013

BehrさんのWebサイトでは、この他にもオネットの街並みを3DCG化したグラフィックが公開されています。

オリジナル忠実に、さらにオリジナルの2Dでは表現しきれない、建物の室外機などの細かいところまで描写されたグラフィックは、まさにリアルオネット。常に街なかを走っている車や、キャラクター達もしっかり登場していて、見れば見るほど楽しくなってきます。

最近では2Dゲームが3DCGでリメイクされることは珍しくありませんが、こういう形ならリメイクもありかも……?

ポスターも買える!

REDBUBBLEのページのスクリーンショット

REDBUBBLEのページのスクリーンショット

また、個人でアート作品の販売ができるアートコミュニティサイト「REDBUBBLE」では、これらのグラフィックのポスターを購入することができます。価格はサイズや仕上げ加工によって変わりますが、約12ドルから33ドル、日本円にして約1300円から3500円となっており、決済に「PayPal」を使っているので、日本からでも購入できるようです。

関連記事

あの日渋谷で何が起きたのか? #サザエbotを探す会 完全レポ
思想界の巨人・吉本隆明の全集刊行 糸井重里、よしもとばなならがコメント
新作「星のカービィ トリプルデラックス」発売日、ついに決定

文:たかはしさとみ

こんな記事も読まれています

関連商品

amiibo ネス (大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

発売 : 2015年4月29日
価格 : 1,296円(税込み)
販売元 : 任天堂

関連キーフレーズ

「MOTHER2」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 1015

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ