ホロライブ桃鈴ねね、トレパク疑惑で謝罪 「自分の考えが甘かった」

桃鈴ねねさん

この記事のまとめを3行で

バーチャルYouTuberVTuber)グループ・ホロライブの5期生・桃鈴ねねさんが制作したイラストのトレース疑惑について、ホロライブを運営するカバー社と本人が声明を発表。

一部トレースがあったことを認め、関係者に謝罪。

カバー社は桃鈴ねねさんに厳重注意を行ったうえで、「当社の素材チェック体制も強化してまいります」と今後の方針を述べた。

桃鈴ねねさんは自身のTwitterにて「イラストを描く時、好きな作家さんや作品を思い浮かべることがあって、こちらの内容のことがあったのは事実です。自分の考えが甘かったと反省しています。本当にごめんなさい。」と謝罪。

声明発表と同日の3月3日(木)17時より、桃鈴ねねさんのYouTubeチャンネルで、本件に関する配信が行われた。

桃鈴ねね「イラストの参考が度を超してしまった」

今回の件について
配信で、桃鈴ねねさんは本件について改めて謝罪。

イラストを自作するにあたり、「大好きな作家様のイラストのことを思い浮かべ、その結果そのイラスト自体を参考にしてしまい、それが度を超してしまった」と経緯を説明した。

自身に「パクリ」という認識はなく、「『参考にさせてもらおう』という気持ちでしたが、その考えが完全に甘く、作家様には大変失礼なことをしてしまったと思っております。もう二度と同じ過ちは繰り返しません」と反省の意を示した。

「これからも大好きな配信とお絵描きは続けていきたい」「自分の実力だけで頑張っていけるように、日々努力していきたいと」と結んだ。

イラストにまつわる創作倫理

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

Tweet
Share
Bookmark
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?