ろくでなし子

ろくでなしこ

漫画家、美術家。日本性器のアート協会会員。自らの女性器を型どりデコレーションしたアート作品「デコまん」を作り、注目を集めた。本名は五十嵐恵(いがらしめぐみ)。

概要

「デコまん」と名付けて、自分のまんこの型取り(まん拓)をモチーフにしたアート作品を作った。アート作品を製作し発表するまでの経緯については、『本当にあった笑える話』『本当にあった笑える話 Pinky』(共にぶんか社)にて、2010年から2012年までの約2年にわたりエッセイ漫画形式で発表された。

雑誌掲載分は単行本『デコまん:アソコ整形漫画家が奇妙なアートを作った理由』に収録されている。

当初、女性器を指して「MK」と表現していたが、その後、「なぜごまかしたり、伏せ字(ま●こなど)にしなければならないのか?」と女性器の呼称に関して疑問を抱くにいたり、表現活動を続けている。

わいせつ物頒布等の疑いで逮捕、その経緯

2014年7月14日、自身の女性器を3Dプリンタ用データにしてダウンロードさせたとして、警視庁は、ろくでなし子さんをわいせつ物頒布等の疑いで逮捕したことを発表。翌15日には、留置所への勾留も決定した。同日、当番弁護士として事件を受任した須見健矢弁護士は、「勾留に対して不服申立をしていく」と答えたことが報道されていた。

逮捕の要因となったのは、2013年6月にろくでなし子さんが「デコまん」活動の一環として、制作に必要な資金を募るクラウドファンディングサイトで実施していたプロジェクトのリターン。

ろくでなし子は、自分の女性器をかたどった小型ボートをつくることを目的とするプロジェクト「わたしの『まん中』を3Dスキャンして、世界初の夢のマンボートを作る計画に支援を!」を実施。3000円以上の支援者へのリターンとして、自分の女性器の3Dプリンタ用データを提供するとしていた。

同データは、プロジェクトを支援した30人以上に配布されており、このデータが、わいせつ物頒布にあたるとして逮捕に至ったとされている。

この件を巡っては、インターネットをはじめ、賛否両論が渦巻く事態となった。「逮捕されて当然」「アートと言えば何でも許されると思ったら大間違い」など、逮捕を肯定する声や、ネット上で署名を募る「Change.org」では逮捕に反対し即時釈放を求める署名への賛同者が2万件を突破。

また、一部国内メディアは「自称芸術家が女性器データ配布で逮捕」と報道する一方、CNNなどの一部海外メディアは逮捕に違和感をもって報道するなど、メディアの意見も真っ二つに割れることとなった。

2014年7月18日、釈放。

似たようなキーフレーズ

鳥飼茜とは、日本の漫画家。1981年生まれ。 代表作に、モーニング・ツー『先生の白い嘘』、フィールヤング『地獄のガールフレンド』、週刊SPA!『ロマンス暴風域』などがある。 今年6月から9月に「webちくま」にて連載していた「漫画みたいな恋ください」...

トミムラコタは、日本のイラストレーター、漫画家、グラフィックデザイナー。1990年生まれ。沖縄県出身。バイセクシュアルであることを公言している。代表作に『実録!父さん伝説』『ぼくたちLGBT』。SNSではオリジナルキャラクターの恐竜を主役にしたイラス...

山本崇一朗は、日本の漫画家、イラストレーター。1986年5月31日生まれ。pixivでのハンドルネーム「生醤油うどん」。代表作に『からかい上手の高木さん』(連載中)。

窪之内英策(くぼのうちえいさく)とは、1966年11月11日生まれの日本の漫画家。 代表作に『ツルモク独身寮』『ワタナベ』『ショコラ』。

和月伸宏とは日本の漫画家、イラストレーター。 週刊少年ジャンプで「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」、「武装錬金」などを連載。現在はジャンプスクエアで活動。

澤江ポンプとは、日本の漫画家。男性。好きな食べ物はフランスパン。 代表作に『悟りパパ』。自身のTwitterやPixivにて公開した『ハダカヨメ』『愛のBBQ』『サイコンクエスト』『怖くない話』などが話題に。...

ドラゴン画廊・リーとは、同人活動を中心に執筆している漫画家。主に『ドラゴンボール』『ワンパンマン』、ドラマ『勇者ヨシヒコ』の二次創作を発表。 少年ジャンプ+にて『ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件』を連載中...

同じカテゴリーのキーフレーズ

イラスト・アート

更新日: 2209日前

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ