Number_i「GOAT」がイタリアの大学院生選ぶ、海外展開すべきJ-POP1位に

Number_i - GOAT (Official Music Video)

マーケティングリサーチ会社・GfK Japanが、イタリア・ナポリのパルテノペ大学で、大学院生とJ-POPの海外展開を考察するワークショップを実施した。

その結果が公式サイトで一部公開されており、海外展開したいタイトルとしてNumber_iの「GOAT」が最も支持を集めたことを発表している。

Number_i、ME:I、Mrs. GREEN APPLEなど7組から選出

ワークショップは4月10日に、34名の学生がプロデューサーまたはプロモーターであると仮定して実施。

Number_i「GOAT」、ME:I「Click」、Mrs. GREEN APPLE「ケセラセラ」、Vaundyさんの「怪獣の花唄」、乃木坂46「おひとりさま天国」、Official髭男dism「Subtitle」、Snow Man「Tapestry」から、海外で展開したい曲またはアーティストを選出した(MVを90秒ほど視聴した後に選択)。

海外で展開したい曲(アーティスト)

この結果、35%と最も支持を集めたのがNumber_i「GOAT」。ME:I「Click」とMrs.GREEN APPLE「ケセラセラ」が、17.6%と同率で続いている。

なお、対象になった7組は、4月1日時点で欧米でのツアー開催や大規模なフェスへの参加経験がないアーティストを軸に、GfKが選出している。

学生たちが選曲した理由は? キーワードを抽出

参加した学生の選曲理由(自由回答)から、GfKが以下11個のキーワードを抽出。その結果、選曲理由の割合で最も多かったのが「曲」だった。

アイドルグループのNumber_i、ME:I、乃木坂46、Snow Manに対しては、「MV」を理由とする声も。また、「インターナショナル」はNumber_iとME:Iだけが該当したという。

学生の選曲理由(自由回答)から抽出された11個のキーワード

「グループ構成」「曲」「MV」「好み」「歌詞・タイトル」「雰囲気」「ダンス」「世代感」「アニメ要素」「KーPOP」「インターナショナル」

学生たちの選曲理由

海外展開にあたって利用したいメディアは?

海外展開にあたりターゲットとする国・地域については、どの楽曲に対しても「EU」「アメリカ」の両方もしくは片方が選ばれている。

ME:Iを選んだ学生からは「ブラジル」「アルゼンチン」の中南米、Mrs. GREEN APPLEを支持した学生からは「インド」「インドネシア」とアジアの国も挙がった。

また、海外展開にあたり利用したいメディアとしては、TikTokが1位の61.8%。Instagramが2位で41.2%、Spotifyが17.6%、YouTubeが14.7%と続いた。

海外展開をするにあたりターゲットとする国・地域

海外展開をするにあたって利用したいメディア

GfK Japanはワークショップのまとめとして、「アーティストや楽曲の強み・弱みを洗い出しアイデンティティを見直すこと」や、「ターゲットとなる地域の徹底した市場分析の必要性」が重視されると結論付けている。

Number_iのポップなニュース

Number_i「GOAT」MVレビュー:再始動──引き継ぐものと変えるもの.jpg

Number_i「GOAT」MVレビュー:再始動──引き継ぐものと変えるもの

滝沢秀明さんが代表をつとめるTOBEからデビューしたアイドルグループ・Number_iのデビュー曲が話題を集めている。 彼らのデビュー曲につけられた「GOAT」という題名は“Greatest Of All Time(史上最高)”を略したネットスラングである。 ヒップホップでもよく使われる言葉で、ハードボイルドなトラップ…

kai-you.net

ワークショップの概要

「J-POPの海外展開を考察するワークショップ」

ワークショップ期間
2024年4月10日
ワークショップ方法
対面でのグループディスカッション

■ワークショップ参加対象:Parthenope University of NaplesのMarketing and International 、Management 修士コースにてBrand ManagementおよびCross Cultural Managementを履修する大学院生34名

■参加者属性:男性13名、女性21名
国籍:イタリア31名、イタリア・ナイジェリアの二重国籍1名、オランダ1名、カザフスタン1名

■ディスカッションのベースとなる質問(全9問のうち4問の結果を公式サイトで公開)
1.海外で売り出したい曲(アーティスト)を1曲選んでください。
2.なぜこの曲(またはアーティスト)を海外でプロモートすることに選びましたか?
3.あなたが選んだ曲やアーティストの海外戦略は、どの国や地域をターゲットにする予定ですか?
4.どのソーシャルメディア、デジタルメディア、トラディショナルメディアを使いますか?
5.それらのメディアに対して、どのようなプロモーションやキャンペーンを考えていますか?
6.インフルエンサーを起用しますか?もしそうであれば、どのインフルエンサーを起用し、どのような活動を計画しますか?
7.アーティストが参加するにはどんなフェスティバルがいいと思いますか?
8.そのアーティストのワールドツアーを企画するとしたら、どの国を訪問しますか?
9.これまで学んだブランド・マネジメントの知識を駆使して、あなたが選んだ曲(アーティスト)の海外戦略についてまとめてください。

関連情報をもっと読む

関連キーフレーズ

3件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん(ID:10387)

Number_iが目指している世界へ、少しずつでも形になっていれば嬉しいなぁ
彼らの努力ができるだけ早く実現します様に!

匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん(ID:10380)

とても興味深い記事でした。
Number_iが目指しているものが少しずつ形になって伝わっているのがわかって嬉しいです。
TikTokはこれから力を入れていきたいところ。参考になりました。

匿名ハッコウくん

匿名ハッコウくん(ID:10377)

Number_iがこだわり抜いて作り上げたデビュー曲が、これだけ海外の方に響いているとの結果が見れて、3人を応援している者として、とても嬉しく思います。
取り上げて下さり、ありがとうございます。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

音楽・映像の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ