Twitterで一部企業アカウントのプロフィール画像が正方形に アカウント種別が多様化

Twitterで一部企業アカウントのプロフィール画像が正方形に アカウント種別が多様化
Twitterで一部企業アカウントのプロフィール画像が正方形に アカウント種別が多様化

四角形になった企業アカウントのプロフィール画像/画像はすべてTwitter「About profile labels and checkmarks on Twitter」より

Twitterが、アカウントの種類の区別に使用されるプロフィールラベルとチェックマークを日本時間12月20日(火)に変更した。

政府機関や多国籍企業のアカウントにはグレーのチェックマークが表示。一部の企業アカウントのプロフィール画像は、正方形(四角形)で表示されている。

正方形のプロフィール画像の対象は公式ビジネスアカウント

今回の仕様変更にあたり、Twitter社はヘルプページ「About profile labels and checkmarks on Twitter(Twitterのプロフィールラベルとチェックマークについて)」を更新。

正方形のプロフィール画像およびゴールドのチェックマークについては、「Twitter Blue for Business」による公式ビジネスアカウントであることを示すと説明されている。

また、グレーのチェックマークは、政府機関、政府関係者、または多国籍組織を代表するアカウントに適用されると説明した。

政府機関には国や地方の危機対応機関、治安機関、法執行機関、規制機関、大使館、その他の国家レベルの主要機関、政府関係者には国家元首、外国政府の広報担当者、外交のトップリーダー、閣僚(国家レベル)などが含まれ、多国籍組織には公式アカウント、組織のトップ、公式のスポークスパーソンが該当するという。

政府機関や多国籍企業のアカウントに提供されるグレーのチェック

加えて、ブルーのチェックマークは、Twitterの以前の検証基準(アクティブ、注目すべき、本物)でアカウントが検証されたものであると説明。

もしくは、Twitterの新しいサブスクリプション「Twitter Blue」をアクティブに購読し、特定の要件を満たしていることを意味する場合があるとしている。

Twitterの以前の検証基準で検証されている、または特定要件を満たすアカウントに提供されるブルーのチェック

なおこうした公式マークは、ビジネスパートナー、主要ブランド、メディア、出版社などの営利企業に適用されるという。

Twitter、他のSNSリンクを禁止と発表

Twitterはここ数日に機能や仕様の変更が相次いでおり、12月18日にはTwitter以外のSNSへのリンク、ユーザーネームなどをツイートすることを禁止すると発表

禁止の対象はFacebook、Instagram、Mastodon、Truth Social、Tribel、Post、Nostrで、有料の投稿であれば問題はないとされていた。

しかしその後、それらの内容を発表したTwitter Supportの公式Twitterによるツイート、また詳細が記述されていたヘルプページが共に削除されている。

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

Twitterの関連記事

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

情報化社会の週間ランキング

情報化社会の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ