471

『うる星やつら』に80年代版あたる&ラム声優 古川登志夫と平野文が父母役で出演

『うる星やつら』に80年代版あたる&ラム声優 古川登志夫と平野文が父母役で出演

古川登志夫さん演じるあたる父と、平野文さん演じるラム母。2人は80年代に放送された『うる星やつら』であたるとラムを演じていた。

高橋留美子さんの漫画を原作にしたTVアニメ『うる星やつら』の新キャストが解禁。

主人公・あたるの父を古川登志夫さん、あたるの母を戸田恵子さん、ヒロイン・ラムの父を小山力也さん、ラムの母を平野文さんが演じることが発表された。

『うる星やつら』は1980年代にもTVアニメ化されており、あたるの父役・古川登志夫さんとラムの母役・演じる平野文さんは、当時あたるとラムを演じていた。令和版では自身が演じたキャラの父母役でカムバックを果たす。

古川登志夫さんは「収録を終えて笑顔でスタジオを出てくる神谷さん(編注:諸星あたる役の神谷浩史さん)を観た時、親の様な気持ちでホッとしました」とコメント。

平野文さんも「令和版新作誕生加え、そこでお役をいただけることになるなんて!それはもうダブルの驚き、そして感謝でいっぱいでした!」と喜びを語っている。

地球“最凶”の諸星あたると、宇宙から高校生舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラムを中心としたラブコメディー『うる星やつら』は、10月13日(木)からフジテレビ・ノイタミナほかで放送される。

【画像】ラム役・上坂すみれがラムちゃん風衣装を披露

高橋留美子『うる星やつら』を全4クールでアニメ化

TVアニメ『うる星やつら』

アニメ『うる星やつら』は、小学館創業100周年を記念して、漫画家・高橋留美子さんのデビュー作である同名原作から、選び抜いたエピソードを全4クールにわたって映像化するもの。第1期が10月から2クール連続で放送される。

キャストは、主人公の諸星あたる役の神谷浩史さん、ラム役の上坂すみれさん、三宅しのぶ役の内田真礼さん、面堂終太郎役の宮野真守さん、チェリーこと錯乱坊役の高木渉さん、サクラ役の沢城みゆきさんら、主役級の声優陣が集結。

ほかにも、花澤香菜さん、小西克幸さん、早見沙織さん、石上静香さん、水樹奈々さん、三宅健太さん、櫻井孝宏さん、井上麻里奈さんと、令和という今のアニメ化にあたって、絶妙なキャスティングが放送前から反響を呼んでいる。

そして今回、古川登志夫さん、あたるの母を戸田恵子さん、ヒロイン・ラムの父を小山力也さん、ラムの母を平野文さんと、メインキャラクターの家族が発表され、1週間後の放送に向けて一層期待が高まってきた。
TVアニメ『うる星やつら』第2弾PV
監督は『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』を手掛けた髙橋秀弥さんと木村泰大さん、シリーズ構成に『はたらく細胞』の柿原優子さん、キャラクターデザインに『おそ松さん』『映像研には手を出すな!』の浅野直之さん。

アニメーション制作は「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ、『炎炎ノ消防隊』のdavid productionが担当する。

「神谷さんを観た時、親の様な気持ちでホッとした」

古川登志夫さんが演じるあたるの父

古川登志夫さんが演じるのは、妻に頭があがらず威厳は低めというあたるの父。出演にあたっては「生涯現役として、絶え間なくレギュラーの仕事を続けて行くのは容易な事ではありませんから、それは単純に嬉しかったですね」とコメント。

「収録を終えて笑顔でスタジオを出てくる神谷さんを観た時、親の様な気持ちでホッとしましたし、いよいよ始まるのだなあという感慨がありました」と収録を振り返った。

戸田恵子さん演じるあたるの母

息子の世にも稀な凶相に振り回されるあたる母を演じる戸田恵子さんは、「懐かしいタイトルの作品にお声がけ頂き、大変光栄に思っております。また、久しぶりにお会いする古川登志夫さんは、あたるの父を演じてらっしゃって、夫婦役でご一緒するのは楽しみのひとつです」と共演を喜ぶ。

さらに「今回はラムちゃんのママ役/平野文さんとも久々にお会いできました。皆さんいつまでもお声が変わらず、正にレジェンドだと感じております。どうぞご堪能ください」と見どころを語った。

小山力也さん演じるラムの父

平野文さん演じるラムの母

ラムの父を演じる小山力也さんは「素敵なやつら、達者なやつら、フレッシュなやつら、そしてレジェンドなやつらが集まって、楽しく遊んどりまっせ!!ワシなんか、まだまだ若造でんなあ。留美子せんせいっ!やっぱり、エエもんは、いつまでたってもエエもんですなあっ!」と役柄ならではのコメント。

鬼族の宇宙人で美人なラムの母を演じる平野文さんは「令和版新作誕生加え、そこでお役をいただけることになるなんて!それはもうダブルの驚き、そして感謝でいっぱいでした!とはいえ実はラムちゃんママったら、地球でも堂々と自星語(!?)でおしゃべり!難解なセリフに内心は冷や汗ものでした」と感謝とアフレコ時の思い出を振り返った。

1
2

こんな記事も読まれています

373
Share
2
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

このページは株式会社カイユウのKAI-YOU.net編集部が作成・配信しています。株式会社カイユウについては、会社サイトをご覧ください。
KAI-YOU.netでは、文芸、アニメ、漫画、YouTuber、VTuber、音楽、映像、イラスト、アート、ゲーム、ラッパー、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新中! 様々なジャンルを横断し、世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ