37

映画『ジョーカー』続編にレディー・ガガ出演か 公開は2024年10月に決定

映画『ジョーカー』特報/画像は映画『ジョーカー』公式Twitterから

映画『ジョーカー』の続編『Joker: Folie à deux』(原題)が、アメリカで2024年10月4日(金)に公開される。映画の公式SNSなどで特報と共に発表された。

特報には、主演のホアキン・フェニックスさんを意味すると思しき「PHOENIX」の文字と、もうひとつ「GAGA」というテキストが登場。

同時にレディー・ガガさんも自身のSNSに特報を投稿。出演を示唆したレディー・ガガさんは、ジョーカーの恋人であるハーレイ・クインを演じると噂されている。

なお、監督はトッド・フィリップスさん、ジョーカー役はホアキン・フェニックスさんが続投する。

2019年随一の名作『ジョーカー』

映画『ジョーカー』本予告
バットマン」シリーズ最大の悪役・ジョーカーの誕生を描いた映画『ジョーカー』は、2019年に公開されて各国で大ヒットを記録。

都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら、コメディアンを夢見て奮闘する心優しい主人公・アーサーが、狂気溢れる悪のカリスマ・ジョーカーに変貌する姿が描かれる。

トッド・フィリップス監督が「人の心の複雑さ」を描きたかったと語れば、ホアキン・フェニックスさんも「アーサーがジョーカーになる動機は複雑だ。“ベンおじさんがピーター・パーカーの目の前で殺され、その瞬間、ピーターはスパイダーマンになることを決意した”といったような大きくて明確な理由は今作にはない。なぜなら本当の人生ではそういったことはないからね」と語り、本作の人間描写が非常に複雑で深いことを明かしていた

映画は日本国内で興行収入50億円超、動員数343万人を記録。世界では、R指定作品としては史上最高の興行収入1000億円を突破した。

加えて、世界三大映画祭(カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭)で最高賞を受賞。アメコミ作品の受賞は初の快挙となり、映画史を大きく塗り替えた。

ほかにも国内外問わず数多くの賞を受賞したが、特に主演のホアキン・フェニックスさんへの称賛が多く集まり、アカデミー賞をはじめ、多くの主演男優賞を受賞している。

悪のカリスマ・ジョーカー

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

22
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ