42

漫画『怪獣8号』アニメ化、特報映像に巨大な影 「少年ジャンプ+」連載の人気作

漫画『怪獣8号』アニメ化、特報映像に巨大な影 「少年ジャンプ+」連載の人気作

『怪獣8号』アニメ化発表ビジュアル/画像は公式Twitterより

集英社「少年ジャンプ+」で連載中の松本直也さんによる漫画『怪獣8号』のアニメ化が決定。情報解禁に併せてアニメ公式サイト、公式Twitterアカウントが開設され、特報映像も公開された。

「緊急怪獣警報」という不穏なアナウンスとサイレン、ざわめきが不安感をかきたてる映像で、一瞬巨大な存在も映り込む。怪獣が現実にいるかのような世界が描かれている。

2020年7月から連載スタートした『怪獣8号』。日常的に怪獣が人々をおびやかす世界を舞台に、怪獣を討伐する防衛隊員を志していた32歳の主人公・日比野カフカが怪獣化。コードネーム「怪獣8号」と呼ばれるようになる物語だ。

制作会社、スタッフ、声優などの詳細は明らかになっていないため、続報を待とう。
『怪獣8号』アニメ化発表特報

主人公は怪獣化した32歳の防衛隊員

『怪獣8号』は、怪獣の発生率が世界屈指の数値となり、「怪獣大国」と呼ばれる日本を舞台にしたバトルアクション漫画。2020年7月より松本直也さんが「少年ジャンプ+」で連載している。

怪獣を討伐する組織「日本防衛隊」への入隊を目指していた日比野カフカ。怪獣の死骸清掃業者として働く中で、突如怪獣を身体に取り込んでしまい、自らも怪獣化。

防衛隊から「怪獣8号」のコードネームで呼ばれながらも、幼馴染・亜白ミナと共に、防衛隊員として怪獣との戦いに身を投じていくというストーリーだ。

フランスでは巨大な幕も、海外人気も高い『怪獣8号』

うだつの上がらない日々を送るカフカが、幼少の頃の夢である防衛隊員を目指す姿に共感を覚える読者も多く、連載開始からほどなくして「少年ジャンプ+」史上最速で閲覧数3000万を突破。

現在までにコミックスは7巻を刊行。累計発行部数は800万部を突破、累計閲覧数は3億を超えており、「ジャンプ+」を代表する漫画のひとつとなっている。

 「次にくるマンガ大賞2021」Webマンガ部門1位、2020年度コミックス第1巻年間売り上げ1位など、連載開始から2年ながら国内で数々のアワードを受賞。

加えて、「MANGA Plus by SHUEISHA」をはじめ複数のサービスを通じて、8言語・一部地域を除く世界でも日本と同時配信されており、高い人気を有している。

2021年10月には、フランスにおけるコミックス第1巻の刊行に合わせて、現地の国立図書館の内外をジャックするキャンペーンが展開。約50メートルもの幕が外観を飾り注目を集めた。

1
2

こんな記事も読まれています

30
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ