19

バーチャル美少女ねむ、地上波テレビで「バーチャルセックス」を解説

バーチャル美少女ねむ、地上波テレビで「バーチャルセックス」を解説

バーチャル美少女ねむさんが出演した『ケンコバのバコバコナイト』

メタバース文化エバンジェリストであるバーチャルYouTuber(VTuber)・バーチャル美少女ねむさんが、7月22日・29日にサンテレビなど関西3局ネットで放送された深夜アダルトバラエティー番組『ケンコバのバコバコナイト』内のコーナー「バコバコSX」に2週連続で出演した。

番組では、メタバースにおいてアバター同士で行われる「バーチャルセックス」についてコメント。共演者の小山夏希さんや三島奈々さんに向け、バーチャルならではのメリットなどを解説。地上波テレビでバーチャルセックスが語られた貴重な機会となった。

バーチャル美少女ねむさんが出演した内容は、現在YouTubeでアーカイブが公開されている。
バーチャル美少女ねむさん出演番組の前半 ※年齢制限あり
バーチャル美少女ねむさん出演番組の後半 ※年齢制限あり
※記事内画像は一部を除きYouTubeの番組アーカイブ動画より

アバター同士で“する”時代が来ている?

前半となる7月22放送分では、仮想世界「メタバース」の基本情報や、アバター同士で行う「バーチャルセックス」について、その実態やバーチャルならではの様々なメリットを解説した。

バーチャル美少女ねむさん登場

共演者はグラビアアイドルの小山夏希さんと三島奈々さん

顔や全身のトラッキングなどを解説

アバター同士でする時代が来ている

当然の疑問「アバター同士でどうやってするんですか?」

バーチャルセックスの衝撃とは?

アバター同士でもイケるのか?

後半7月29日放送分では、疑似感覚「ファントムセンス」や、人間にとどまらない様々なアバターの姿で生活するメタバース住人の実態を紹介。「アバター同士の行為でイケるのか?」など、より突っ込んだ話を展開した。

メタバースの住人も人間なので、するのも当たり前?

当然の疑問「アバター同士でイケるのか?」

メタバースで感じる本来感じないはずの感覚「ファントムセンス」

メタバースでは年齢性別どころか、種族も自由。人間ではない動物の姿で暮らしている人も?

4本足で犬になって生活している人もいるという

現実では存在しないはずの「尻尾」が触られただけでイケる人も?

著書『メタバース進化論』でもバーチャルセックスを解説

バーチャル美少女ねむさんの著書『メタバース進化論』(技術評論社)でも、メタバースにおけるバーチャルセックスについて、実態調査や様々な統計データを通じて、そのメリットやデメリットを複数の観点から考察している。

バーチャルセックスのメリット・デメリット/『メタバース進化論』(技術評論社)より

バーチャルセックスの経験率/『メタバース進化論』(技術評論社)より

【関連記事】
「バーチャルセックス」体験したらすごかったし人類を滅ぼしかねないと思った話 【バーチャル美少女ねむの寄稿】
バーチャル美少女だけどVR風俗体験してみた【世界初バーチャルセックス生配信】
バ美肉✕バ美肉 シちゃった。

バーチャル美少女ねむさんインタビューも

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

11
Share
5
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ