31

範宙遊泳『バナナの花は食べられる』無料公開 岸田國士戯曲賞受賞作

範宙遊泳『バナナの花は食べられる』無料公開 岸田國士戯曲賞受賞作

範宙遊泳『バナナの花は食べられる』メインビジュアル/©たかくらかずき

演劇集団・範宙遊泳(はんちゅうゆうえい)が、第66回岸田國士戯曲賞を受賞した『バナナの花は食べられる』を、5月15日(日)23時59分までYouTubeで無料公開している。

同公演は2021年3月25日から28日まで東京・森下スタジオで上演され、2022年2月に「演劇界の芥川賞」と称される岸田國士戯曲賞を受賞した。

また、同賞を主催する出版社・白水社から戯曲が販売されている。
範宙遊泳『バナナの花は食べられる』

注目の作品が集結した岸田國士戯曲賞

岸田國士戯曲賞は、劇作家・岸田國士さんの功績を讃えるとともに、若手劇作家の育成を目的として白水社が主催している戯曲賞。

1955年に開設された同賞は、これまでに宮藤官九郎さんの『鈍獣』や、『サマータイムマシン・ブルース』などで知られる上田誠さんの『来てけつかるべき新世界』など、数々の作品が受賞してきた。

2022年の第66回岸田國士戯曲賞には、NEWSのメンバーでもある加藤シゲアキさんの『染、色』や、若手劇団/コントユニット・ダウ90000の主宰・蓮見翔さんの『旅館じゃないんだからさ』など、多くの注目作がノミネート。

『バナナの花は食べられる』とともに、青年団演出部・ぱぷりかの主宰・福名理穂さんの『柔らかく搖れる』が受賞した。

舞台と客席を越境する物語

範宙遊泳は2007年より、東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。劇作家/演出家の山本卓卓(やまもと すぐる)さんが脚本と演出を手掛けている。

生と死、感覚と言葉、集団社会、家族など現実と密接に結びついたテーマを扱い、どこか現実離れしていながらも「あり得る世界」を舞台として立ち上げる。

山本卓卓さん/撮影:雨宮透貴さん

『バナナの花は食べられる』は、マッチングアプリを介して出会った2人の男を中心に展開される群像劇。

範宙遊泳の演劇の特徴とも言える、スクリーンに映し出された映像や文字と俳優が組み合わさった演出で、観客を舞台へと引き込んでいく。

『バナナの花は食べられる』あらすじ

2018年夏。33歳、独身、彼女なし、アルコール中毒、元詐欺師前科一犯の“穴蔵の腐ったバナナ”は、マッチングアプリ・TSUN-TSUN(ツンツン)に友達を募る書き込みをする。出会い系サクラのバイトをしていた“男”は、釣られているとわかりながら課金してきたバナナに興味を持ち、彼と会ってみることにする。 「人を救いたいんだ・・・」と言うバナナと男はいつしか、僕/俺「ら」になり、探偵の真似事をしながら諸悪の根源を探しはじめる。

見逃したくない作品

こんな記事も読まれています

作品情報

範宙遊泳『バナナの花は食べられる』

配信期間
2022年5月1日(日)18:00〜5月15日(日)23:59
作・演出
山本卓卓
出演
埜本幸良、福原冠、井神沙恵(モメラス)、入手杏奈、植田崇幸、細谷貴宏
音楽
大野希士郎
美術
中村友美
照明
富山貴之
音響
池田野歩
音響操作
栗原カオス
衣裳
臼井梨恵
舞台監督
櫻井健太郎
演出助手
中村未希
稽古場代役
植田崇幸
配信監督
たけうちんぐ
宣伝美術
たかくらかずき
制作助手
川口聡
制作・小道具ラベルデザイン
藤井ちより
プロデューサー
坂本もも
協力
プリッシマ、モメラス、合同会社Conel、モンガ・コンプレックス、合同会社ロロ、急な坂スタジオ、ローソンチケット
助成
公益財団法人セゾン文化財団、芸術文化振興基金
企画制作・主催
合同会社範宙遊泳

関連キーフレーズ

18
Share
1
LINE

0件のコメント

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ