15

連載 | #89 渋谷万歳

渋谷ハロウィンの熱狂 一時は身動きとれず「コロナ落ち着いたしいいかなって」

渋谷ハロウィンの熱狂 一時は身動きとれず「コロナ落ち着いたしいいかなって」

渋谷ハロウィン2021

  • 39 images

POPなポイントを3行で

  • 2021年渋谷ハロウィンレポート
  • 自粛の反動か異様な熱気が巻き起こる
  • 「コロナ落ち着いたしいいかなと思った」
例年多くの人が集まり、風物詩となっている渋谷ハロウィン

あまりにも多くの人が集まっていたことや、それに付随したゴミ問題、治安の悪化などによって「ハロウィン路上飲酒規制条例」が施行。

しかし昨年2020年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によって例年ほどの活気は見られなかった(昨年のハロウィンを記録した映像)。

そんな中、今年は9月になってついに東京では緊急事態宣言が解除。10月24日には都内での時短営業要請も解除された。

ワクチン接種や感染者数減少が進んでいるタイミング、かつ日曜日がハロウィン当日だったこともあり、数多くの人が渋谷を訪れていた。

【画像35枚】狂乱! 渋谷ハロウィンの様子

仮装、酒、ダンス、反ワクチン様々な熱が渦巻いた駅前広場

とは言えまだまだコロナ禍にある現在、ハロウィン当日に異彩を放っていたのが、スクランブル交差点やハチ公像が位置する駅前広場だった。

地下鉄入口周辺は混沌としていた。

まるでコロナ以前かのような人口密度の中、反ワクチンを掲げ演説する団体、飲んだくれる人、踊っている人、ナンパする人、仮装を撮影する人などが入り乱れていました。

筆者が取材をしていたのは20時前後。スクランブル交差点前の信号が赤になると、すし詰め状態でもはや1歩も動けない 各所から「最悪!」「動けないんだけど!」などの悲鳴が飛び交っていた。

かと思えば、どこからともなく大音量の太鼓の音が響いており、是非はともかくこの2年間では味わうことのなかった熱を感じたのもまた事実だ。

各所には警官が多数配置されていて、特にセンター街方面では、少しでも立ち止まろうものなら「立ち止まらないでください!」との声掛けが行われていた。

逆に、せっかく仮装をして渋谷駅から出て徘徊をしても、立ち止まることも容易ではなかったため、結局駅周辺に戻って来ざるを得ないため、駅前広場に人が集まった要因の1つとなっていたようにも思えた。
1
2

こんな記事も読まれています

12
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ