444

故・ぼくりり、バンドで蘇る 天才の「没落」からDios結成に至るまで

故・ぼくりり、バンドで蘇る 天才の「没落」からDios結成に至るまで

左からササノマリイさん、たなかさん、Ichika Nitoさん

POPなポイントを3行で

  • 元「ぼくりり」たなかが音楽活動を再開
  • Ichika Nito、ササノマリイとバンド「Dios」結成
  • 1stシングル『逃避行』のサブスク配信開始&MV公開
元「ぼくのりりっくのぼうよみ」のたなかさんが、バンド・Diosを結成した。

1stシングル「逃避行」が各サブスクリプションサービスで配信され、YouTubeにて同曲のMVが公開されている。
Dios - 逃避行 (Official Music Video)

たなか、Ichika Nito、ササノマリイによるDios

漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物であるディオ・ブランドーと、ギリシャ神話におけると陶酔や酩酊を司る神・ディオニュソスを掛けて名付けられたバンド・Dios。

メンバーはたなかさん(Vo.)、ササノマリイさん(Key./Comp.)、Ichika Nitoさん(Gt./Comp.)の3人。

ササノさんは「ぼくのりりっくのぼうよみ」の過去作を手がけたビートメイカー/コンポーザーで、Ichikaさんはイギリスのギター雑誌『Total Guitar』の読者が選ぶ「史上最高のギタリスト100選」で8位にランクインしたギタリストだ。

【画像】Diosの初作品「逃避行」のジャケット

「没落」した天才、ぼくのりりっくのぼうよみ

ぼくのりりっくのぼうよみ「人間辞職(Live)」
2019年、ラストライブ「葬式」で華々しく最期を飾ったラッパー/ボーカリストの「ぼくのりりっくのぼうよみ」。

その文学的なリリック、洗礼されたメロディ、歌唱力が注目されたほか、雑誌『文學界』にエッセイを寄稿するなど音楽以外でも才能を発揮。

同世代を中心にカリスマ的な支持を獲得し、映画主題歌やCMソングなど大型タイアップもこなしていた。 しかし、2018年に日本テレビ系『NEWS ZERO』内で突然の辞職(引退)を宣言。その後のTwitterでの言動に対する炎上騒動を含めて、大きな注目を集めた。

一連の騒動の後、“たなか”としてインターネットを中心に活動を開始。

音楽方面では、楽曲制作・提供やフューチャリングとして他アーティストの楽曲に参加していたほか、自身のYouTubeチャンネルにてカバー曲を公開していた。

故・ぼくりり、バンドで蘇る

こうして一度は、自分の書いた言葉を自分で歌わなくなったたなかさん。

だが、Diosの結成発表にあたって、自身の音楽活動を再開する心境や、Dios結成に至るまでの経緯をTwitterで綴っている。

なぜぼくりりは「没落」したのか?

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

442
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ