17

たなかとぼくのりりっくのぼうよみが対談 なぜぼくりりは「没落」したのか?

POPなポイントを3行で

  • たなかとぼくのりりっくのぼうよみが対談
  • 「Noah's Ark」で記事が公開
  • なぜぼくりりは「没落」したのか
たなかとぼくのりりっくのぼうよみが対談 なぜぼくりりは「没落」したのか?

たなかさん

ぼくのりりっくのぼうよみさんが自身の活動を「辞職」(終了)したラストライブ「葬式」からちょうど1年。

一周忌を迎えたこのタイミングで「前職:ぼくのりりっくのぼうよみ」ことたなかさんとの対談記事がぼくのりりっくのぼうよみさんのオウンドメディア「Noah's Ark」で公開された。

ぼくのりりっくのぼうよみが「没落」するまで

ぼくのりりっくのぼうよみさん

「ぼくのりりっくのぼうよみ」さんは2012年から活動を開始。2015年に18歳で1stアルバム『hollow world』をリリースしメジャーデビューを果たした。

文学的なリリック、洗礼されたメロディ、ラップや歌唱力などが多方面から注目され、雑誌『文學界』にエッセイを寄稿するなど、音楽以外でも才能を発揮。同世代を中心にカリスマ的支持を得ていた。
ぼくのりりっくのぼうよみ - 「Be Noble」ミュージックビデオ
映画主題歌やCMソング制作など大型タイアップも数多くこなし、人気絶頂だった2018年9月21日、日本テレビ系「NEWS ZERO」内で2019年1月をもって音楽活動を終了することを突如報告。 同年12月に4枚目のアルバム『没落』をリリースすると、2019年1月29日にラストライブ「葬式」を最後に「ぼくのりりっくのぼうよみ」というキャラクターにピリオドを打った。
ぼくのりりっくのぼうよみ ラストライブ “葬式” 2019/1/29

「たなか」として再度注目を浴びる

その後は「たなか」としてインターネットを中心とした活動を開始。

YouTuberコンビ・へきちゃん☆トラちゃんの相馬永吉(相馬トランジスタ)さんが監督をつとめた映画『誰にも会いたくない』に出演したり、同じくYouTuberコンビ・水溜りボンドへの楽曲提供など、ノンジャンルのインターネット・タレントとして幅広く活動している。
カンタ 「猿でもわかる」【Official Music Video】
今回公開された対談では、「ぼくのりりっくのぼうよみ」とは一体なんだったのか。どうして彼は「没落」することを選んだのかという謎に迫る。

そして突然の辞職宣言に至るまでの苦しみや葛藤、その後にSNSでの発言がきっかけで起きた炎上から「葬式」までの心境の変化を「たなか」として、ぼくのりりっくのぼうよみと対談するなかで振り返る。

「すべてを放棄してなお、人は幸せでいられる」

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ぼくのりりっくのぼうよみ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 8

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ