18

「マンガ大賞2021」は『葬送のフリーレン』エルフの旅描く心温まるファンタジー

「マンガ大賞2021」は『葬送のフリーレン』エルフの旅描く心温まるファンタジー

『葬送のフリーレン』/画像は「マンガ大賞」公式サイトから

POPなポイントを3行で

  • 「マンガ大賞2021」は『葬送のフリーレン』
  • 山田鐘人・アベツカサの後日譚ファンタジー
  • 『週刊少年サンデー』連載作品
マンガ大賞実行委員会が運営し、書店員を中心とした有志の選考委員が選出する漫画賞「マンガ大賞2021」の受賞作が3月16日に発表。

大賞には、『週刊少年サンデー』(小学館)で連載されている山田鐘人さん原作、アベツカサさん作画の『葬送のフリーレン』が選出された。

同日24時より放送の、ニッポン放送のラジオ番組「ミューコミプラス」では「マンガ大賞」特集が放送される。

インターネットをにぎわせた作品が選ばれた「マンガ大賞2021」

「マンガ大賞」は、前年の1月1日から12月31日に出版された単行本の中で、最大巻数が8巻までの作品を対象とした賞。

選考委員たちの選んだ2021年の作品トップ10は以下の通り。

「マンガ大賞2021」トップ10(作者敬称略)
1位:『葬送のフリーレン』(山田鐘人、アベツカサ)
2位:『チ。―地球の運動について―』(魚豊)
3位:『カラオケ行こ!』(和山やま)
4位:『水は海に向かって流れる』(田島列島)
5位:『【推しの子】』(赤坂アカ、横槍メンゴ)
6位:『怪獣8号』(松本直也)
7位:『女の園の星』(和山やま)
8位:『メタモルフォーゼの縁側』(鶴谷香央理)
9位:『九龍ジェネリックロマンス』(眉月じゅん)
10位:『SPY×FAMILY』(遠藤達哉)

いずれもインターネットを中心に評判を集めた作品たちがランクインしたが、やはりその中でも目を引くのは、『カラオケ行こ!』と『女の園の星』の2作品がトップ10入りを果たした和山やまさん。 選考対象が最大巻数8巻までの作品となっており、長期連載の作品がランクインしづらいとはいえ、この結果は素晴らしいものだといえる。

女子校教師の他愛もない日常を描いた『女の園の星』は、独特の間と空気感がそれだけで笑えてくる作品となっているのでぜひ読んでみて欲しい。

紡いだ縁が新たな出会いをもたらす後日譚『葬送のフリーレン』

『葬送のフリーレン』/画像はAmazonから

大賞を受賞した『葬送のフリーレン』は、勇者一行の魔法使いとして魔王を討伐したエルフ・フリーレンが、共闘した勇者の死をきっかけに人を知る旅に出る後日譚(アフター)ファンタジー。

人より寿命が長い彼女は、仲間の弟子やかつて魔王を倒す道中で出会った人々との触れ合いを通じて、改めて「人間」というものを学んでいく。

自身が若い弟子を導く立場になったことで、いままで気づかなかった周囲の思いやりを理解する過程が丁寧に描かれ、非常に心温まる物語だ。

本作は、まだ既刊が3巻で、3月17日(水)に最新4巻が発売される作品。フリーレンの旅も作品もはじまったばかりなので、この機会に読んでみてはいかがだろうか。

【第1・2話試し読み】『葬送のフリーレン』

少年・青年から海外まで、多様な作品が現れる漫画シーン

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

15
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ