6

V6、11月1日で解散「この6人でなければ」 楽曲の幅を広げ続けた25年

V6 / 愛なんだ(YouTube Ver.)

POPなポイントを3行で

  • ジャニーズアイドル・V6が11月1日をもって解散
  • 森田は退所して俳優として活動
  • 坂本・長野・井ノ原・三宅・岡田はジャニーズに残る
ジャニーズ事務所所属の6人組アイドルグループ・V6がCDデビューから26周年となる11月1日(月)をもって解散すると発表した。

メンバーの森田剛さんはジャニーズ事務所を退所。坂本昌行さん、長野博さん、井ノ原快彦さん、三宅健さん、岡田准一さんは、引き続きジャニーズ事務所に所属して個人で活動する。

V6グループ内ユニットのうち、坂本さん・長野さん・井ノ原さんの20th Century(通称:トニセン)は存続し、森田さん・三宅さん・岡田さんのComing Century(通称:カミセン)はV6の解散を以って活動を休止する。

「この6人でなければV6ではない」

公式サイトでの発表によれば、メンバー全員が40歳を迎えたことを機に、森田さんから「ジャニーズ事務所を離れた環境で役者としてチャレンジしたい」という申し出があったことがきっかけと説明。

その後、何度も話し合いを重ねる中で、他のメンバー5人も今後の人生について考える機会が増えていたこともあり、森田さんの思いを尊重しようという意見で一致したという。

最終的には、それぞれに次のステップに挑戦したい気持ちが芽生えたこと、何よりも「この6人でなければV6ではない」という思いが6人の中で一貫していたことを受け、解散の決断に至ったとしている。

ジャニーズ事務所の公式サイトでは、解散の経緯、そして6人連名によるメッセージが綴られている。

「MUSIC FOR THE PEOPLE」から25年

V6 / MUSIC FOR THE PEOPLE
「バレーボールワールドカップ」のイメージキャラクターとして発表され、1995年11月1日に「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビュー、2020年には25周年を迎えたV6。

これまでに『ウルトラマンティガ』のOPテーマであるユーロビート「TAKE ME HIGHER」や国民的ナンバー「WAになって踊ろう」、TBS系ドラマ『きみはペット』主題歌の「Darling」など52枚のシングルをリリース。
V6 / TAKE ME HIGHER
V6 / Darling
近年の楽曲では新たなクリエイターを抜擢することもあり、2019年の「ある日願いが叶ったんだ/All For You」では覆面クリエイティブユニット・AmPm、2020年の「It's my life/PINEAPPLE」では、ボカロP・レフティーモンスターPとしても知られる宮田'レフティ'リョウさんが参加している。

2020年にテレビ朝日系ドラマ『特捜 9 season3』の主題歌「It's my Life」のリップシンクビデオを公開したのを皮切りに、過去のMVや過去のバラエティ特典映像などを公開している。
V6 / It’s my life

ジャニーズをもっと知りたい

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

2
Share
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ