6

Night Tempo、スキー場の定番ナンバー「瞳にWINKIN’」をリエディット

Night Tempo、スキー場の定番ナンバー「瞳にWINKIN’」をリエディット

木曽福島スキー場2020 メイン・ビジュアル

POPなポイントを3行で

  • Night Tempoが「瞳にWINKIN’」をリエディット
  • 長野県・木曽福島スキー場の定番ナンバー
  • tree 13のイラストと共に公開
韓国のプロデューサー/DJのNight Tempoさんが、木曽福島スキー場のイメージソング「瞳にWINKIN’」をオフィシャルにリエディット。

合わせて昭和の名曲を現代にアップデートする「昭和グルーヴ」シリーズのジャケットを手がけるイラストレーター・tree 13さんが、今シーズンの木曽福島スキー場のメインビジュアルを担当。

このリエディット音源と描き下ろしのイラストが、木曽福島スキー場の公式YouTubeチャンネルで公開されている。
木曽福島スキー場イメージ・ソング「瞳にWINKIN’ (Night Tempo Showa Groove Mix)」

若者にも刺さるNight Tempoの「昭和グルーブ」

欧州・米国圏を中心に生まれたネット発の音楽ジャンル「フューチャー・ファンク」。

大雑把に言えば、日本のバブル期に使用されていた音源をサンプリングしエフェクトを加え、さらに当時を連想させるビジュアルを引用するなどの特徴がある。 Night Tempoさんはこのジャンルの確立に大きな影響を与えており、そのきっかけともいえる竹内まりやさんの「Plastic Love」は欧州・米国圏で大ヒット。

彼がリエディットしたこの曲からジャパニーズ・シティ・ポップブームが巻き起こった。

Night Tempoさんはその後2019年から昭和時代の名曲を現代にアップデートする「昭和グルーヴ」シリーズを始動するなど、引き続き「フューチャー・ファンク」における第一人者として活動を続けている。
Mariya Takeuchi - Plastic Love (Night Tempo 100% Pure Remastered)

Night Tempoさんからのコメント
昔のCMソングを踊れる曲にしたかったです。

ファンキーなベースや四つ打ちドラムを足してグルーヴ感を出しました。

こんな楽しい曲が流れるスキー場に行きたい!って言う気持ちで作業しました!

Have a ski magic!

「瞳にWINKIN’」は、制作された1987年から現在に至るまで、スキー場のオープン/クローズ時に毎回流れる定番ナンバー。

NEW & RETRO」を今シーズンのテーマとする木曽福島スキー場が、昭和から受け継がれるこの曲のリエディットをNight Tempoさんにオファーし、倉庫に眠っていたオリジナルのマスターテープを使って制作された。

Night Tempoさんとtree 13さん、二人のタッグで生まれたNEWでRETROなスキーの世界を存分に楽しみたい。

音楽の今を探る

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

4
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ