36

Twitterのストーリー機能「フリート」登場 24時間で消える投稿

Twitterのストーリー機能「フリート」登場 24時間で消える投稿

「フリート」画面のサンプル/画像はTwitter公式サイトから

POPなポイントを3行で

  • Twitterが新機能「フリート」を公開
  • 24時間だけ表示されるストーリー機能
  • 今後はステッカーやライブ放送も実装予定
Twitterが、11月10日に24時間だけ表示される新しい投稿機能「フリート」を発表した。

フリートはフォロワーのタイムラインの最上位に表示され、フリートに対する返信はダイレクトメッセージ(DM)として扱われるという。

使い方が問われ続けるSNS、発言のハードルも上がる

SNS(ソーシャルネットワーク・サービス)は近年広く普及し、オープンな会話の場として活用される一方、投稿が全世界に発信され残り続けることや、フェイクニュースの拡散などをめぐる議論が起き、発言のハードルが上がっている印象は否めない。 フリートの実装に当たって、Twitter公式ブログでは、勢いに任せて投稿することを躊躇してしまったり、「リツイート」や「いいね」といった反応を得ようというプレッシャーを感じるという声も寄せられていることを明かしている。

それに対し、そのとき伝えたい思いやできごとをその熱量のままに伝える新しい形の会話を楽しめる新機能として「フリート」が開発されたという。

Instagramのストーリー機能はじめ、24時間で消えるメッセージ機能を取り入れ始めているSNSも増えてきている。

ブラジル、イタリア、インド、韓国で行われた「フリート」のテストでは、Twitter初心者は心に浮かんだことを表現するにはフリートのほうが好ましく、より多くの会話がTwitter上でなされたそう。

Twitterも参戦するストーリー機能「フリート」

フリートの投稿は24時間しか表示されず、テキストや通常のツイート、写真、動画などを様々な背景やオプションとともにカスタマイズし共有できる。

また、投稿されたフリートは、投稿者のコンテンツが見れる人は誰でも見ることができ、フォロワーにはタイムライン最上位に表示される。

「フリート」画面のサンプル/画像はTwitter公式サイトから

フリートに対する返信はDMとして扱われ、メッセージを送れる人間にも投稿者のDMの設定が適用される。

「フリート」画面のサンプル/画像はTwitter公式サイトから

今後は、フリートをさらにカスタマイズできるステッカーやライブ放送が利用できるように準備がされているという。

日本は、Twitterが世界でも最も多く利用されている国の一つであり、Twitter社としても日本でフリートがどう使われるのか注目しているという。

各プラットフォームが競う機能開発

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

30
Share
2
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ