22

YouTubeもTikTok風の15秒動画機能「YouTube Shorts」テスト開始 

YouTubeもTikTok風の15秒動画機能「YouTube Shorts」テスト開始 

「YouTube Shorts」ロゴ/画像はYouTubeサイトから

POPなポイントを3行で

  • YouTubeがショートムービー機能「YouTube Shorts」発表
  • インドで開発、昨日を加えて世界に展開していく
  • 競合であるTikTokを意識化
YouTubeが、スマホを使って短い動画を撮影するための新機能「YouTube Shorts」のテストを開始した。

今後、インドで動画の作成ツールを含めたベータ版をリリース。

数か月かけて機能を追加・ブラッシュアップしていき、より多くの国に展開していくという。

エンタメが集まる場・YouTube

YouTubeにおけるショートムービーは、2005年の「Me at the zoo」と呼ばれる18秒間の短い動画から始まった。
Me at the zoo
そこから、常にエンターテイメントの場として朝の挨拶を交わすだけの「Good morning yall」といった短い動画も含めてコンテンツが集まり続け、20億人以上の視聴者を抱え、全世代がクリエイターになれる場を提供し続けてきた。
Good morning yall (ORIGINAL)
次なる「YouTube Shorts」は開発にあたって3つの軸として「作成」「発見」「視聴」を設定。

簡単に楽しく動画を作成できるようにするための撮影・編集用の機能や、垂直にスワイプすることで次々にショートムービーを見れる機能などが開発されている。

競合TikTokを意識か? 大手SNSの動き

中国のByteDanceが運営する15秒程度の短い動画を投稿できるSNS・TikTok

ポップな曲を使ったダンス動画やキャッチ―な動画が若年層に人気を集めている。

一方で、TikTokには個人情報流出の懸念が指摘され、物議を醸している。

6月には、インドが国家安全保障上の問題を理由に発表した「中国製アプリ禁止」にリスト入り。

さらに、米トランプ大統領が、アメリカ国内での事業についてTikTokの買収か閉鎖かを迫ってきた(その後、米Oracleが買収ではなく「テクノロジープロバイダーになる」ことを発表)。

8月にはFacebookの運営するInstagramがショートムービー配信機能「Instagram Reels」を実装。競合のSNSであるTikTokを意識したものと見ることができる。

短く手軽な動画プラットフォームの覇権争いが激化する中、本命であるYouTubeが発表した「YouTube Shorts」。勢力図を塗り替えるか。

動画型SNSのトレンド

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

18
3
1
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ