40

YouTuber マックスむらい、チャンネル休止「最後のひとあがきをしたい」

POPなポイントを3行で

  • 人気youtuber・マックスむらい、チャンネル休止を発表
  • 『パズル&ドラゴンズ』のゲーム実況で人気を博した
  • 近年は再生数が伸び悩んでいた

【ご報告】チャンネルを休止します。最後にやりたいこと。

ゲーム実況やドッキリ動画で人気を博したYouTuber/経営者・マックスむらいさんが、自身のYouTubeチャンネルを休止することを発表した。

YouTubeで公開した動画によると、これまでほぼ休みなく動画を投稿してきた中で、1月のAppBank株式会社の代表取締役への復帰など、自身の環境の変化を踏まえた上での決断と説明。

マックスむらいさんが休止までにやりたいこと/画像は動画「【ご報告】チャンネルを休止します。最後にやりたいこと。」より

7年間の活動を何らかの形に残したい」「最後のひとあがきをしたい」として、チャンネル休止までにやりたいことを発表。

「AppBankの闇を暴く」「むらい的動画ランキング」「ガチでAndroidに機種変してレビューする」といった動画を、撮れたものから順次公開していくという。

YouTuberの先駆け的存在・マックスむらい

好きなことで、生きていく - マックスむらい - YouTube [ Long ver. ]
マックスむらいこと村井智建さんは、中学・高校の同級生である宮下泰明さんとともに、2008年にアプリ情報メディア「AppBank」を開設。

2012年に法人化してAppBank株式会社代表取締役CEOに就くと、翌年から「マックスむらい」としてニコニコ生放送やYouTubeなど、ネットでの動画配信に進出した。

HIKAKIN(ヒカキン)さんやはじめしゃちょーさんと共に古参に数えられるベテランYouTuberの1人だ。

『パズドラ』の流行を背景に人気は絶頂へ、歌手デビューも

【パズドラ】マックスむらい、ゼウスディオスをワンパン!!
動画内容は、マックスむらいさんやAppBankメンバーたちによるスマホゲームのプレイ動画が中心。リアルなプレイシーンや軽妙な掛け合いが人気を博す。「俺の必殺技!」「キミに落ちコン!」「まいります」といったセリフやポーズを真似するファンも生まれるほどだった。

スマホ向けゲーム『パズル&ドラゴンズ』の爆発的ブームを背景にチャンネルの人気は高まり、初投稿からわずか1年あまりでチャンネル登録者数は100万人を突破(現在は152万人)。人気YouTuberの仲間入りを果たした。

さらに、マックスむらいさんが代表取締役をつとめる株式会社AppBankが上場を果たし、マックスむらいさん自身もテレビ出演や石井竜也さんプロデュースのシングル「限界突破」でメジャーデビューを果たすなど、多方面でマルチな才能を発揮していた。

炎上と競争激化、マックスむらいに訪れた変化

「マックスむらいはなんで炎上したの?」Yahoo!知恵袋の質問に本人が答えてみた
しかし、YouTuberとして人気絶頂の最中、上場から2か月も経たないうちに会社元役員による横領事件が発覚。

加えて、メンバーの不和や脱退、デザイン盗用疑惑なども巻き起こり、マックスむらいさんへの批判が殺到。さらにテレビを主軸に活躍してきた芸能人のYouTube参入、人気YouTuberの増加に伴う競争の激化などの影響を受け、近年は再生数が減少していた。

なお前述の通り、むらいさんは「休止までにひとあがき」したいと語っており、いくつかの動画を公開する予定だ。

TVタレント参入の影響を受けるYouTuber

「好きなことで、生きていく」というキャッチコピーとともに、新たな時代のクリエイターが活躍する場所として、注目を集めたプラットフォーム。 実際に多くのクリエイターが生まれ、ユースを中心に人気を獲得。その存在感は、小学生の将来つきたい職業ランキングでも第3位に入るほどだ。

一方で、YouTuberと呼ばれるクリエイターが人気を集め、地上波のテレビ番組でもクローズアップされるのに伴い、テレビを舞台に活動していた芸能人の参入も相次ぐ。
香水/瑛人 MV再現 歌ってみた!しんごちん【香取慎吾】
代表的なところでは、2017年に稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人がジャニーズ事務所を退所後、YouTubeを含むSNSをフル活用した活動をスタートして反響を呼んだ。

その後も続々と芸能人のYouTubeチャンネルが開設。お笑い芸人ではカジサック(キングコングの梶原雄太)さんや中田敦彦さん(オリエンタルラジオ)、江頭2:50さん、モデルや女優として活躍する本田翼さん、ジャニーズ事務所を退所した錦戸亮さんや手越祐也さんら、多くのファンを抱えるタレントの参入は後を絶たない。
日焼け止めを塗るだけで世界が変わる
TVタレントのYouTubeへの新規参入は、当初からYouTuberとして活動していたクリエイターに影響を与えているとみられる。著名なYouTuberが、UUUMVAZといった事務所を離れているのもそうした影響の1つだろう。

これまで以上に競争が激化して動画の再生回数が減少。収益が落ちることで、収益を事務所と配分する「所属」のメリットが弱まっているという面もありそうだ。

TVタレントの参入によってYouTubeを取り巻く環境はどう変化するのか。少なくとも今後、既存のYouTuberの活動に影響を及ぼすことは間違いない。

YouTuberの過去と現在に関する記事

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「マックスむらい」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 22

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ