45

星が生まれそして死んでいくアート作品「宇宙の卵」に吸い込まれそう

POPなポイントを3行で

  • 「宇宙の卵」がカッコイイ
  • 現在はまだ制作中のプロトタイプ
  • 『架空標本博物誌』というシリーズの一つ
星が生まれそして死んでいくアート作品「宇宙の卵」に吸い込まれそう

『架空標本博物誌』

  • 7 images

何が起きるのかわからない、何でも起きうる場所、宇宙

わたしたちの生まれてくるずっとずっと前から人類を惹きつけて離さない場所だ。

そんな現実なのにどこかフィクションのような宇宙を表現した幻想的な作品がある。 星が生まれそして死んでゆく宇宙の卵。」と題して投稿されたこの作品を制作したのはaiwendilさん。

この作品はaiwendilさんの「実在する架空」をコンセプトにしたアート作品『架空標本博物誌』のプロトタイプとして制作されたもの。

「宇宙の卵」だけでも想像が膨らんで仕方ないのに、架空の標本をまとめた博物誌というコンセプトには、ワクワクが止まらない。

『存在しないはずのもの』が実在している状況を再現する

aiwendilさんは、これまで『架空標本博物誌』の中で植物世代と動物世代を繰り返す架空の珍種『大気鳥』をテーマにした架空標本などを制作、展示してきた。 今回の宇宙の卵は神話や伝承をはじめ、様々な文学作品などにおいて広くみられるイメージを取り入れて制作されている。

宇宙の謎を解き明かすと言われている原始宇宙や、宇宙は複数あるという多元宇宙といった、わたしたちに豊かな想像力を与えてくれる宇宙。その宇宙という概念を、実在する物体として表現するとしたら果たしてどうなるのか。

aiwendilさんは、「宇宙の卵」制作にあたってそういった点にこだわったという。 制作途中のプロトタイプでこのカッコよさ、完成する日が待ち遠しい!

【画像】『架空標本博物誌』の作品たち

揺らぐ現実とフィクションの境界線

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「架空標本博物誌」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 17

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?
これなんだっけ…? あのデザインを抽象化した画像、わかる人にはわかる
連載
ポップな画像を紹介してみた
全281記事

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ