1026

オーイシマサヨシ、ワンマンするはずだった日に生配信 大石昌良として

POPなポイントを3行で

  • オーイシマサヨシがワンマン予定日に生配信
  • 新型コロナウイルスの影響で公演が延期に
  • 大石昌良として自身のYouTubeチャンネルで

世界が君を必要とする時が来たはずだったんだ

シンガーソングライター・オーイシマサヨシさんが、ワンマンライブを開催予定だった5月21日(木)に、大石昌良として自身のYouTubeチャンネルで生配信を実施する。

配信企画のタイトルは「世界が君を必要とする時が来たはずだったんだ」。TVアニメ『トミカ絆合体 アースグランナー』の主題歌である自身の楽曲「世界が君を必要とする時が来たんだ」を彷彿させる。
オーイシマサヨシ- 世界が君を必要とする時が来たんだ
本来は楽曲と同名のワンマンライブ「世界が君を必要とする時が来たんだ」を開催する“はずだった”が、新型コロナウイルス感染症の影響で延期に。しかし、それで終わらないのがオーイシマサヨシという男。

楽曲の歌詞にもあるように、それでも世界はオーイシマサヨシというヒーローを必要としていた。そんな期待に応えるかのような大石昌良としての生配信。時間は22時、僕らもヒーローになる準備を万端にして待とう。

オーイシマサヨシ/大石昌良

大石昌良さんは、2001年、ロックバンド・Sound Scheduleとしてメジャーデビュー。一度は新人バンドとしては異例の音楽番組「ミュージックステーション」への出演を果たすも、2006年に解散。

2008年には「大石昌良」名義でソロデビューを果たし、音楽活動を継続してきた。シンガーとしてアニメ『ダイヤのA』の主題歌やユニット・OxTでのアニメ『オーバーロード』などの主題歌を担当。また作曲面でも類まれな才能を発揮し、2017年には作詞/作曲/編曲を手がけた『けものフレンズ』の主題歌「ようこそジャパリパークへ」で大ヒットを記録した。

一方、2014年からはアニソンを中心に活躍する「オーイシマサヨシ」としても活動を開始。多くのアニメファンにその名が知れ渡るきっかけとなった、アニメ『月刊少女野崎くん』のOP主題歌「君じゃなきゃダメみたい」で鮮烈なデビューを果たしている。

Sound Scheduleも再結成され、音楽ユニット・OxTを含め、オーイシマサヨシ/大石昌良という複数のアカウントで多岐にわたる活動を続ける稀代のクリエイターとして存在感を発揮している。

オーイシマサヨシ/大石昌良という人物について

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「オーイシマサヨシ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 1015

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?
連載
STAY HOMEを遊びつくす
全19記事

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ