105

連載 | #2 つぼみが覗くカメラの向こう側☆

AV女優・つぼみ、危険生物の集う「毒毒毒(もうどく展)」へ潜入取材!

次は毒虫のご紹介… ドックドックします

世界最大級のやばいクモこと、ゴライアスバードイーター/クモだけあって、危険を察知すると、足で蹴ってお腹から毒毛を飛ばすと… でも死亡した例はなく、かぶれる程度とのこと。

攻撃的な性格のベトナムオオムカデ/なんとネズミを毒で眠らせて食べる程の最強のムカデとして知られています

ダイオウサソリ/世界最大級の危険なサソリ… 刺されると筋肉が麻痺・痙攣し、呼吸困難によって死亡することもあるそう…/編集部による撮影

アメリカドクトカゲ/トカゲの中では唯一の毒を持つトカゲで、何度も噛むことで毒を染み込ませる怖い側面がある一方で、唾液に含まれる毒は糖尿病の薬としても使われているそうです

背中からミルクのような毒を出すカエルこと、ジュウジメドクアマガエル/毒の程度や、毒の種類は不明とのこと

身近な磯の有毒生物・ゴンズイ/集団で行動し、死んでも毒だけは残るそう

ハオコゼ/敵に見つからないようにカモフラージュしているそう

ここでつぼみさんの自由時間は終了。ここからは、ターボ向後さんと一緒に写真の確認タイムに移ります。

ターボ向後からのワンポイントレッスン!

左:ターボ向後さん 右:つぼみさん

アドバイス①
横撮影と縦撮影を使い分ける
今回は、被写体が生物ということもあり、中々動かない生物がいたり、中には夜行性の生物がいたりと、写真に違いをつけることが難しいようでした。つぼみさんは、ずっとカメラを横にした状態で撮影していましたが、動かない被写体の場合は、横と縦を使い分けることで、撮影した写真の見せ方に差をつけることができるそうです。

アドバイス②
レンズを変えてみる
もう1つ、撮影した写真に差をつける方法として一番有効なのが、レンズの種類を変えること。今回つぼみさんが使用したのは、いわゆる一般的なズームレンズ。そこから違った絵を撮るために、今回は広角レンズに取り替えることとなりました。
【次のページ】広角レンズで、縦でも撮ってみよう!
1
2
3
4
5

こんな記事も読まれています

97
Share
8
LINE

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

コメントを削除します。
よろしいですか?

PICK UP ITEM

編集部おすすめのアイテム

ページトップへ