10

アボガド6と須田景凪のタッグ再び NHKみんなのうたに新曲「Carol」

POPなポイントを3行で

  • アボガド6と須田景凪が再びタッグ
  • NHK「みんなのうた」新曲「Carol」
  • 幼少期のもどかしさを表現した楽曲
アボガド6と須田景凪のタッグ再び NHKみんなのうたに新曲「Carol」

アボガド6さんと須田景凪さん

人気クリエイター・アボガド6さんが、NHK「みんなのうた」の6月-7月の新曲として、須田景凪(すだ・けいな)さんによる「Carol」のアニメーションを担当する。

これまでにもMVをはじめ数々の作品を一緒につくり上げてきた2人。再びタッグを組んで「みんなのうた」に初登場する。

「Carol」の初回オンエアは、6月1日(月)より、NHK総合10時55分~/Eテレ12時55分~「みんなのうた」にて放送予定だ。

フォロワー150万人のクリエイター アボガド6

アボガド6さん

アボガド6さんは、ネットを中心にイラスト、マンガ、映像などさまざまな分野で活動するクリエイター。

SNS上での創作活動が大きな話題を呼び、Twitterフォロワーは150万人を超える支持を集めている。 その影響力は国内に留まらず、欧米やアジア圏のファンからも熱い注目を受けている。

これまでに漫画単行本3作品、画集3作品を発表してきており、国内累計発行部数は20万部を突破し、海外版も出版している。

ボカロP・バルーンで知られる須田景凪

須田景凪さん

須田景凪さんは、2013年より“バルーン”名義でニコニコ動画にてボカロPとしての活動を開始。

2016年10月には代表曲となる「シャルル」を投稿。数々の歌い手によってカバーされた同曲は、セルフカバーとあわせてYouTubeで約7500万回を再生されている。
シャルル/バルーン(セルフカバー)
2017年には自身の声で楽曲を歌う“須田景凪”としても活動。楽曲は作詞、作曲、編曲すべてを須田さん自身が手がけている。

中毒性のある予想外かつ大胆でありながら、隅々までこだわりの詰まったサウンドと、聴く人に絶妙な距離感で寄り添う歌詞とメロディーが、10代から20代を中心に若者から多くの支持を集めている。

アボガド6と須田景凪による「Carol」

「Carol」は、須田さん自身が物心つく前の幼い頃、嬉しさや苦しさといった気持ちの言語化ができず、もどかしい思いをした原体験から生まれた楽曲。

両親や周囲の大人が、小さい子だからと過度に心配して温かい言葉をかけてくれること自体にも、混乱してしまった幼い頃の繊細さ。

そういったさまざまな思い出を美しいと肯定する賛美歌のイメージでつくられたという。

アボガド6さんはアニメーションを担当。須田さんの楽曲とアボガド6さんの独特な世界観が調和する。

ボカロPたちの現在

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「アボガド6」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 2

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ