VTuber・薬袋カルテが1日限りの復活 VRチャリティイベント「世界恒常性」開催へ

VRチャリティーライブイベント「世界恒常性」メインビジュアル/画像はTwitterより

POPなポイントを3行で

  • VRチャリティーライブイベント「世界恒常性」
  • VTuber・薬袋(みない)カルテが1日限りの復活
  • 有料ギフトは日本赤十字社へ寄付される
バーチャルYouTuber(VTuber)の薬袋カルテさんがおよそ1年ぶりに表舞台にあらわれます。

その舞台とは、VRライブイベント「世界恒常性」。公式Twitterによると「1日限りの薬袋カルテ復刻イベ」でもあるとのこと。

このイベントは、新型コロナウイルス(COVID-19)の被害の拡大を受けて開催されるチャリティーライブイベントで、「部屋から出ずに、スマホ一つでVRイベントを楽しむ」をコンセプトに掲げています。

イベントで集まった有料ギフトの収益は、手数料等の経費を除いて全て寄付される予定で、現在のところ寄付先として日本赤十字社を検討しているそうです。

バーチャルナース・薬袋カルテ

儚げな雰囲気のバーチャルナースとして活動していた薬袋カルテさん。

多くの人気VTuberが企業による運営にも関わらず、一貫していわゆる個人勢として活動。

観ている私たちを物語のなかに取り込むような視聴者参加型の動画など、実験的な作風で人気を集めました。

しかし、2019年2月に自身のデビュー1周年というタイミングで活動休止を宣言。以降、YouTubeに投稿された動画も非公開になっていました。

手軽で身近なバーチャルSNS・cluster

チャリティーイベントが開催されるのはバーチャルSNSの「cluster」。

PCやOculus RiftHTC VIVEといったVR機器からアクセスできるイベントプラットフォームで、これまでにも輝夜月さんやKMNZ(ケモノズ)といったVTuberのイベントが開催されてきました。
cluster.
3月にはスマートフォン版アプリがリリースされ、同時にイベント向けの特設空間以外の常設空間「常設ワールド機能」も登場。

バーチャル空間でのエモートやボイスチャットでのやり取りを手軽で身近に体験できるSNSとして発展しています。

先日には国内最大級のe-Sportsイベント「RAGE」の『Shadowverse』大会が開催されるなど、新型コロナウイルスで自粛を余儀なくされているイベントやカンファレンスの代替会場としても注目を集めています。

個人制作によるチャリティーイベント

「世界恒常性」は個人制作のイベントで、具体的な日程は未発表ですが春の開催とのこと。

音楽ライブは難しいとのことですが、3Dで動く薬袋カルテさんの様子をスマホからリアルタイムで視聴できるようです。

制作中の会場予定地として公開された動画では、薬袋さんの公式キャラクターソング「Stardust finding you」のオーケストラが流れる空間に佇む、彼女の後ろ姿が確認できます。 活動休止時には「(VTuberとしての薬袋カルテを)創作の一つとして内包する形で、活動を再開する」とも発言されていただけに、どのようなイベントになるのか期待が高まります。

イベント中止と様々な代替手段

SHARE

この記事をシェアする

Post
Share
Bookmark
LINE

関連キーフレーズ

0件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る
KEYPHRASE

いま、みんなが気になっていること

KAI-YOU.netにログインしているユーザーなら誰でも編集できるKAI-YOU.netの百科事典、それが「キーフレーズ」です。

キーフレーズ機能をもっと知る

情報化社会の週間ランキング

情報化社会の画像ランキング

もっと見る

もっと見る

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ