38

POPなポイントを3行で

  • 木村拓哉、初のソロアルバムを2020年にリリース
  • 稲葉浩志、森山直太朗、槇原敬之、小山田圭吾らが楽曲提供
  • 10月9日(水)発売の『anan』の表紙にも登場

最新ニュースを受け取る

木村拓哉、初ソロアルバム発売決定 稲葉浩志、小山田圭吾らが楽曲提供

木村拓哉さん/画像はビクターエンタテインメントの公式Twitterより

俳優/歌手の木村拓哉さんが2020年1月8日(水)にオリジナルアルバム『Go with the Flow』を発売する。

TOKYO FMのラジオ番組『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』でのゲストアーティストからの後押しや、番組リスナーからの「音楽活動をやってほしい」と言う多数の声を受けて今回のアルバムリリースが実現した。

楽曲提供はB'zの稲葉浩志さん、[ALEXANDROS]の川上洋平さん、LOVE PSYCHEDELICO森山直太朗さんなど、「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」にゲスト出演したアーティストらが集結した。

国民的スター・木村拓哉

木村拓哉さんは2016年までSMAPのメンバーをとして活動。歌手としては紅白歌合戦などにも常連で出演。また俳優としても『HERO』など様々なドラマ、映画に出演するなど、国民的スターとして幅広い世代のファンから熱烈な支持を受けている。

SMAP解散後の2017年からも俳優としてドラマ、映画に出演する一方で、2018年8月から自身がパーソナリティーをつとめるTOKYO FMのラジオ番組『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』がスタート。木村さんの今を知ることができる番組として、ファンを中心に多くのリスナーの間で話題に。

10月からはTBSのドラマ『グランメゾン東京』で主演をつとめることも決定。2020年には、主演をつとめるフジテレビ開局60周年特別企画ドラマ『教場』が、2夜連続で放送予定となっている。

木村拓哉初のソロ作品に実力派アーティスト集結

今回のオリジナルアルバムのプロジェクトは「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」に、最初のアーティストゲストとして登場したB'z稲葉浩志さんが、2018年の自身のライブに木村さんがサプライズで出演した際に「この夏に、一瞬でしたが、間近で木村拓哉のステージ熱のようなものを感じました。そろそろ木村拓哉の思い切り歌う姿を見たいなと単純に僕は思っているということです」と発言したことによって始動。

上述のアーティストに加え、「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」にゲスト出演したアーティスト以外にも、槇原敬之さん、いきものがかりの水野良樹さん、Uruさん、コーネリアス/小山田圭吾さんという人気アーティストばかり。

また、LOVE PSYCHEDELICOの提供楽曲にはドラムとしてOKAMOTO'Sオカモトレイジさんも参加していることが分かっている。
木村拓哉 - Go with the Flow
アルバムのタイトル『Go with the Flow』には「流れに乗って前に進む」といった意味があり、しなやかに、自らの意思で未来へ向かって進んでいく現在の木村拓哉さん自身の等身大を表現。

YouTubeのメイキング映像では、サーフィンをしているシーンや、浜辺、キャンピングカーでの撮影など、木村さん自身が普段行なっている日常の一部を切り取ったようなシーンも公開されている。

作品の詳細は後日発表。続報はアルバムの特設サイトにて発表される(外部リンク)。

『anan』の表紙にも登場

anan2171号(10月9日発売)Ⓒマガジンハウス さらに、10月9日(水)に発売する女性週刊誌『anan』では表紙に登場。

『グランメゾン東京』では人生の再スタートとして開いたレストランで、三つ星を獲得しようと奮闘する型破りなシェフ役に挑戦する木村拓哉さん。

グラビアでは「三つ星」にちなんで木村さん自身に風を受けて舞う「シズる男」、ワイルドに口を開け、強い視線でこちらを挑発する「かぶりつく男」、そして最後に、アンニュイな表情でまっすぐ遠くを見つめる「したたる男」の3つのテーマを表現した。

早くアルバム聴きたい

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「木村拓哉」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 33

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(1)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag
匿名のユーザー

匿名のユーザー

大物アーティストに楽曲を提供してもらってばかりで甘え過ぎないように!
そうじゃないと、赤ちゃんと言われるのでソロ歌手活動継続ならもっとたくさん勉強して実力を付けることが本物のアーティストと言えるんじゃないかな?

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ