21

POPなポイントを3行で

  • 「バーチャルマーケット3」開催
  • 200万円を募るクラファンに現在500万円以上が集まる
  • 600人以上のクリエイターが参加するVRイベント

最新ニュースを受け取る

VR空間の即売会「バーチャルマーケット3」 クラファンは早くも500万円突破

バーチャルマーケット3

3Dアバター・3Dモデルの展示即売会「バーチャルマーケット3」が9月21日(土)から9月25日(水)にかけて、ソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」にて開催される。

600人以上のクリエイターと20社以上の企業が協賛する世界最大のVRイベントとなる模様だ。

8月20日からは運営資金を募るクラウドファンディングを「CAMPFIRE」にて開始。目標金額の200万円を初日で達成し、8月28日(水)現在500万円以上の資金が集まっている。 バーチャルマーケットのコンセプトアートをもっと見る

VR上の展示即売会「バーチャルマーケット」

「ネオ渋谷」コンセプトアート/バーチャルマーケットの公式サイトより

「ネオ渋谷」コンセプトアート/バーチャルマーケットの公式サイトより

バーチャルマーケットは「仮想現実空間を発展させ、豊かにする」ことを目指して開催されるVR空間上の展示即売会。仮想空間ならではの個性に富んだ全15会場で行われる。入場は無料。

参加者はヘッドマウントディスプレイを被ってVR空間に展⽰された3Dアバターを試着でき、お気に入りの3Dモデルを購入することができる。

デスクトップのモニターからでも参加できるほか、今回からはケーブルもパソコンも不要のヘッドマウントディスプレイ「Oculus Quest」でも一部の会場に参加可能。 「九龍帝国城下町」コンセプトアート/バーチャルマーケットの公式サイトより 第1回は数千人、第2回は約12.5万人が来場。3回目となる今回はそれ以上の規模で開催される予定だ。

協賛にはWEGOなどの企業の名前が確認でき、仮想空間上の店舗と実店舗の連動企画も予定されているようだ。

クラウドファンディングも順調な滑り出し

開催に先駆け、バーチャルマーケットを運営するHIKKYバーチャルYouTuber(VTuber)の動く城のフィオさんは、クリエイターとファンによってVR業界をさらに盛り上げるためのクラウドファンディングを実施。

Twitterのリツイート数と連動してリターンが豪華になる「おまけ」が追加されることになっており、続報が待たれている。

現在出展料・来場料共に無料で運営されているバーチャルマーケット。クラウドファンディングがどこまで伸びるのか。健全な即売会運営にとっても重要になりそうだ。

バーチャルの最前線

こんな記事も読まれています

イベント情報

バーチャルマーケット3

開催日 2019年9月21日(土)~9月25日(水)
開催場所 VRChat

関連キーフレーズ

「バーチャルマーケット」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 2

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ