27

最新ニュースを受け取る

ジャニー喜多川さん、87歳で死去 SMAPや嵐を手がけJ-POPを牽引した立役者
ジャニーズ事務所の代表・ジャニー喜多川さんが、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため、7月9日16時47分に東京都内の病院で亡くなった。87歳だった。

お別れ会は後日開催される予定。

ジャニー喜多川さんは6月18日に自宅で体調の異変を訴え、意識を失い病院へ緊急搬送。その後、集中治療室において救命措置が行われ一般病棟へ。所属タレントやジャニーズJr.と面会できるようになったという。

ジャニー喜多川さんは1962年にジャニーズ事務所を創業。プロデューサーや演出家として様々なエンターテインメントの分野で活躍。光GENJIやSMAP、そしてと、時代を担うアイドルグループを生み出してきた。

ジャニーズ事務所は会社のHPを更新。「代表取締役社長ジャニー喜多川に関するご報告」にて、生前の活動とその功績を振り返り、故人を偲んでいる(外部リンク)。

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「ジャニー喜多川」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 3

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ