25

POPなポイントを3行で

  • DOMMUNEで「YMOのONGAKU」のDAIGAKU第2弾
  • 『テクノデリック』『テクノドン』の音楽性に迫る
  • ゲストを迎えてYMO縛りのDJも

最新ニュースを受け取る

DOMMUNEで「YMOのONGAKU」のDAIGAKU第2弾 藤井丈司が再登場

「YMOのONGAKU」のDAIGAKU VOL.2/画像はアルテスパブリッシング公式サイトより

ライブストリーミングサイト/スタジオ「DOMMUNE」で、4月23日(火)19時より、「『YMOのONGAKU』のDAIGAKU VOL.2」の放送が決定した。

1980年代にイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)のアシスタントをつとめた、音楽プロデューサー・藤井丈司(ふじいたけし)さんの著書『YMOのONGAKU』の発売と、反響を記念しての特別番組第2弾となる。

「YMO5時間スペシャル」と題して、第1部には著者の藤井さんとCOLDFEETWatusiさんを迎えてのトークセッション。

第2部はHIDEO KOBAYASHI aka H.I.D.さんが登場するYMO縛りのDJで構成される、19時から放送終了の23時30分まで5時間たっぷりのYMO特集となっている。

前回、4月2日に放送された第1弾から好評を博して、早くも第2弾の放送が決定した。

日本のテクノポップを牽引したYMO

イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)は細野晴臣さん、坂本龍一さん、高橋幸宏さんからなる1978年に結成された音楽ユニット。

シンセサイザーなどの電子楽器を活用し、日本における「テクノポップ」と呼ばれるジャンルを牽引した。
YELLOW MAGIC ORCHESTRA 『RYDEEN』(HD Remaster・Short ver.)
その後、1983年に解散(散開)するも、1993年に一時的な再結成を果たし、2018年11月には、YMO結成40周年記念プロジェクト「YMO40」をスタート。

アメリカ出身のエンジニア・Bob Ludwigさんによる、1978から1983年のオリジナルアルバム10タイトルをリマスターした音源がリリースされた。

藤井丈司の著作『YMOのONGAKU』の反響

80年代にYMOのアシスタント、レコーディング・スタッフとして、解散(散開)までを見届けた証人とも言える著者・藤井丈司さんが3月25日に発売した『YMOのONGAKU』。

YMOゆかりの松武秀樹さん、飯尾芳史さん、砂原良徳さん、木本ヤスオさんという4人のゲストとともに、YMOのアルバム6作を解き明かした名著となっている。

その反響は大きく、発売から1ヶ月を待たずして4刷目の増刷が決定。出版社も「発売日から2週間で3度の増刷はちょっと経験がありません」というコメントを残すほどの人気を集めている(外部リンク)。

4月2日、刊行記念YMOスペシャルとして「ニューウェイヴとしてのYMO」をテーマに「『YMOのONGAKU』のDAIGAKU」を配信。

今回はその続編として、『BGM』と並んでニューウェイヴYMOを象徴するアルバム『テクノデリック』と、アシッドハウスに向き合った再結成YMOの『テクノドン』の音楽性に迫る内容となっている。

トークのあとのYMO縛りのDJタイムにも期待したい。

音楽はみんなのもの!

こんな記事も読まれています

番組情報

ARTES PUBLISHING presents 『YMOのONGAKU』のDAIGAKU VOL.2

日時 4月23日(火)
時間 19時〜23時30分
出演 藤井丈司(著者/音楽プロデューサー/アレンジャー/シンセサイザー・プログラマー)
Watusi from COLDFEET(プログラマー/ベーシスト/DJ)
HIDEO KOBAYASHI aka H.I.D.|BROADJ#2729

関連キーフレーズ

「藤井丈司」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 15

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ