49

POPなポイントを3行で

  • 宮崎駿の『風の谷のナウシカ』が歌舞伎として2019年12月から上演
  • 歌舞伎公式サイト「歌舞伎美人」でも公演情報を公演
  • 宮崎駿作品の歌舞伎の舞台化自体も初めて

最新ニュースを受け取る

『風の谷のナウシカ』が歌舞伎に 宮崎駿の代表作、2019年12月に上演

宮崎駿の漫画『風の谷のナウシカ』/画像はAmazonより

宮崎駿さんの代表作品『風の谷のナウシカ』が新作歌舞伎として上演されることがわかった。

スポーツ報知が独占で報道している形(外部リンク)で、スタジオジブリ公式サイトでの発表は現時点ではない。

ただし、松竹が運営する歌舞伎公式サイト「歌舞伎美人」内で検索をかけると、新作歌舞伎として『風の谷のナウシカ』の公演情報が掲載されている。
歌舞伎公式サイトのスクリーンショット

歌舞伎美人よりスクリーンショット

宮崎駿作品の歌舞伎の舞台化は初めて。2019年12月より、昼の部・夜の部の通しで上演される。

宮崎駿の代表作品『風の谷のナウシカ』

宮崎駿さんの初期の代表漫画『風の谷のナウシカ』。

徳間書店刊行のアニメ雑誌『アニメージュ』で1982年に連載され、1984年には自身監督のもとでスタジオジブリによる劇場版アニメとして上映されて、世界的な評価を得ている。

戦争で現代文明が滅び去った1000年後の地球を舞台に、風の谷に暮らす少女・ナウシカが、人間には有害な瘴気に覆われた巨大な蟲たちの住む森“腐海”の謎を解き明かしていく。

漫画は全7巻、アニメでは描かれなかった結末までが描かれている。

物語の重要な要素となる王蟲(オーム)をはじめ、蟲たちがどのように表現されるのか。今から楽しみだ。

アニメを考える、楽しむ

こんな記事も読まれています

関連商品

風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)

著者 : 宮崎 駿
発売 : 1987年7月1日
価格 : 421円(税込み)
販売元 : 徳間書店

アニメでは描かれていない最後まで描かれている原作。電子書籍化を待望してるけど実現しなさそう

関連キーフレーズ

「スタジオジブリ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 13

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ