12

POPなポイントを3行で

  • 学校、オフィスでおなじみのお菓子「アルフォート」
  • 空き箱でつくられたペーパークラフトの船に賞賛の声
  • 15時間かけたという作者に紙の使い心地を聞いてみた

最新ニュースを受け取る

アルフォートの箱でつくった船が圧巻 ひと目見ただけで心が出航する

アルフォートの箱でつくられたペーパークラフト/画像はすべて晴季さん(@02ESyRaez4VhR2l)提供

仕事中や勉強中につい食べてしまうお菓子といえば…そう、「アルフォート」ですよね。チョコビスケットが12個入って108円(税込)というコストパフォーマンスの高さも相まって、多くの人にとっておなじみの存在。

普段は捨ててしまうその空き箱で、ファンタジー世界に出てきそうな船のペーパークラフトがつくられるとは、予想できないのではないでしょうか? 話題を呼んだペーパークラフトを制作したのはTwitterユーザーの春季さん(@02ESyRaez4VhR2l)。該当のツイートは、10月1日時点で4万件以上のリツイート、15万件以上のいいねが寄せられ、驚きとともに、高いクオリティに対して賞賛の声が上がっています。

アルフォートってこんなに幻想的な船になるんだ

アルフォートの箱のペーパークラフト1 ブルーにゴールド、レッドというアルフォートの箱の色味を、船の特徴として巧みに表現した作品。細かなところにこだわりや繊細な技術が活かされています。やはり気になるのは制作時間。晴季さんに話を聞いたところ、要した時間は「15時間程度」。使用した空き箱は最終的に4箱だったようです。

「アルフォートのチョコには船が描かれていて、それは冒険やロマンをイメージしているそうです」と晴季さん。「それを見た時かっこいいなと感じたので今回、冒険とロマンをコンセプトに勝手にパッケージでペーパークラフトをさせてもらいました」とのこと。

空き箱の使い心地は「しっかりとした厚紙でとても工作しやすかったです」と紙質も高評価。「またアルフォート自体、他と比べて高級感のあるチョコレートだと個人的に思っています。パッケージの高級感をそのまま魅せるだけで良い作品になり制作がとても楽しかったです」と振り返りました。 晴季さんはほかにも、普段から趣味の立体切り絵やペーパークラフトで様々な作品を制作。いずれも圧巻のクオリティで、そのつど話題を呼んでいるので一度は目にしたことがあるかもしれません。 香ばしい全粒粉入りのビスケットに、コクのあるミルクチョコレートを組み合わせたアルフォート…ここまで読んで、すでに食べたくなっている人も多いはず。せっかくなので今回は、食べるだけじゃなく、空き箱を眺めながら「何がつくれるのか?」考えてみては。

夏から秋へ、Twitterを賑わす手づくりアート

こんな記事も読まれています

関連商品

ブルボン アルフォートミニチョコレート 12個入×10箱

価格 : 1,080円(税込み)
販売元 : ブルボン

なんか食べちゃうんですよね

関連キーフレーズ

「アルフォート」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 7

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?
猫フィギュアの概念覆す! 可愛いだけじゃない「たくましい猫」誕生
連載
ポップな画像を紹介してみた
全160記事

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ