さくらももこさん乳がんで逝去 『ちびまる子ちゃん』や『コジコジ』作者

さくらももこさん乳がんで逝去 『ちびまる子ちゃん』や『コジコジ』作者
さくらももこさん乳がんで逝去 『ちびまる子ちゃん』や『コジコジ』作者

ちびまる子ちゃん1巻/画像はAmazonより

POPなポイントを3行で

  • さくらももこさん、乳がんで逝去。享年53歳。
  • 通夜と告別式は、ご族の意向により親族・近親者のみで執り行われた。
  • さくらプロダクション「これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。」
漫画家・さくらももこさんが逝去したことがわかった。

さくらプロダクションの公式サイトおよびオフィシャルブログにて、「2018年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠した」と発表されている。享年は53歳。

1984年に漫画家としてデビューしたさくらももこさん。逝去のお知らせと共に、30周年の際の本人コメントが添えられている。

「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋) さくらプロダクションの公式サイトより

なお、通夜と告別式は、ご族の意向により親族・近親者のみで執り行われた。

「ちびまる子ちゃん」「コジコジ」名作を生んださくらももこ

ちびまる子ちゃん』や『コジコジ』など長く愛される作品を世に送り出してきたさくらももこさん。

掲載は少女漫画雑誌だったが、ギャグテイストの中に、温かいだけではなく毒も忍ばせたさくらももこさん独特のユーモアが光り、特に『ちびまる子ちゃん』は1990年から現在まで続く長寿アニメとして、国民的人気を誇っている。

『コジコジ』1巻/画像はAmazonより

その一流のセンスは、漫画だけではなく文章でも発揮されていた。「文章で人を笑わせる」という難しいことをやってのける文筆家としても知られるようになり、『もものかんづめ』はじめいくつものエッセイ作品がベストセラーとなっている。

さくらプロダクションは、さくらももこさん逝去に寄せて「作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。/これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。」とコメントを掲載している。

また、『ちびまる子ちゃん』掲載誌の『りぼん』編集部やアニメを制作する日本アニメーションも、公式Twitterで追悼コメントを寄せている。

2018年の訃報

関連キーフレーズ

1件のコメント

※非ログインユーザーのコメントは編集部の承認を経て掲載されます。

※コメントの投稿前には利用規約の確認をお願いします。

CKS

CKS

1巻の表紙エッッッッッッッッッッッッッッッッモ

コメントを削除します。
よろしいですか?

コメントを受け付けました

コメントは現在承認待ちです。

コメントは、編集部の承認を経て掲載されます。

※掲載可否の基準につきましては利用規約の確認をお願いします。

POP UP !

もっと見る

もっと見る

よく読まれている記事

KAI-YOU Premium

もっと見る

もっと見る

アニメ・漫画の週間ランキング

最新のPOPをお届け!

もっと見る

もっと見る

このページは、株式会社カイユウに所属するKAI-YOU編集部が、独自に定めたコンテンツポリシーに基づき制作・配信しています。 KAI-YOU.netでは、文芸、アニメや漫画、YouTuberやVTuber、音楽や映像、イラストやアート、ゲーム、ヒップホップ、テクノロジーなどに関する最新ニュースを毎日更新しています。様々なジャンルを横断するポップカルチャーに関するインタビューやコラム、レポートといったコンテンツをお届けします。

ページトップへ