213

POPなポイントを3行で

  • バンダイが『テイコブコラボステッキ』でシニア市場に参入
  • 『鉄人28号』『マジンガーZ』『ゲッターロボ』とステッキがコラボ
  • 税抜9800 円、7月13日(金)発売

最新ニュースを受け取る

おじいちゃんだって萌えたいんだもん! バンダイから“痛ステッキ“誕生

『テイコブコラボステッキ』

総務省が公開している人口推移予測データによれば、2060年には総人口のうち4割を65歳以上の高齢者が占めるとされている。
ren4302010

総務省より「我が国の人口の推移」図(2016年)

少子高齢化は当然、ポップカルチャーにも影響を及ぼしている。近年あらゆるジャンルでのリバイバル作品が増えているのも、コストの問題もあるだろうが“一定世代以上のファンをターゲットにするのも手堅い売上を出す手段の一つと見込まれている”と推察できる。

『テイコブコラボステッキ』でバンダイがシニア市場へ

バンダイが新たに発表した商品も、50代以上の男性をターゲットにしたシニア市場への参入の一貫。

テイコブコラボステッキ』は、『鉄人28号』や『マジンガーZ』、『ゲッターロボ』といった昭和を代表するロボットアニメとステッキをコラボさせている。

キャラクターでデコレーションする「痛車」や「痛バッグ」などは近年当たり前となっているが、新たに「痛ステッキの誕生」と言ってもいいかもしれない。
『テイコブコラボステッキ』左から「鉄人28号」「マジンガーZ」「ゲッターロボ」モデル

『テイコブコラボステッキ』左から「鉄人28号」「マジンガーZ」「ゲッターロボ」モデル

長年にわたってシニア世代の歩行を支えてきた幸和製作所の福祉用具ブランド「TacaoF」(テイコブ)と協力して制作されている。

各ロボットのイメージカラーを取り入れて、キャラを連想させながらも普段使っても違和感なく「“歩くこと”を楽しんでもらえる」商品設計を打ち出している。

価格は税抜き9800円、7月13日(金)から発売される。

バンダイによると、2015年時点で福祉用具市場は日本国内で約1兆4,337億円規模、「歩行補助杖」の市場は48億円となっており2011年からの5年間で120%に拡大している、としている。

(C)光プロダクション (C)永井豪/ダイナミック企画 (C)永井豪・石川賢/ダイナミック企画

未来を開拓するオモチャメーカーの挑戦

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「痛ステッキ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 211

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

SNSにも投稿する

twitter_flag facebook_flag

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ