533

妄想が現実で現実が妄想? 話題のSRシステムとSI(セクハラ・インターフェイス)との魅惑のコラボ!

女優の藤崎ルキノをモデルに迎えた撮影会の様子

過去と現実の区別がつかなくなるSRシステム(Substitutional Reality System:代替現実システム)と、「大根を撫でると艶かしく喘ぐ」というシンプルなデバイスであるSI(セクハラ・インターフェイス)とのコラボレーションが進行中だと発表された。

社会神経科学者の藤井直敬が率いる理化学研究所 脳科学総合研究センターの適応知性チームが開発したSRシステムは、2012年10月に開催された「デジタルコンテンツEXPO」でメディアアート「MIRAGE」という形で披露され、その完成度の高さに話題が集まったシステムだ。

MIRAGE - Performance Art with Substitutional Reality system from Hitoshi Taguchi on Vimeo.

「MIRAGE」は、藤井直敬と、パフォーマンスグループ「グラインダーマン」代表・タグチヒトシがコラボレーションし、デバイスデザインにデザイナーの山中俊治、サウンドデザインにはテクノ系サウンドアーティストのevalaという豪華なクリエイターが集結した作品として注目を集めた。デバイスを装着し、カメラを通したリアルタイムの映像と過去の残像が全く区別なく視界に映し出され、どこからが現実の映像でどこからが過去の映像なのか区別がつかなくなるというものだ。

一方、大根をなでると大根がなまめかしくあえぐセクハラ・インターフェイスは、「性の大豊作」と言って良いほど豊かな日本の性文化に着目し、「性」が排除されがちなメディアアートの分野にそれを持ち込むという野心的な試みのもと、2年強の試行錯誤を重ねて出来上がった作品だ。一見すると(バカバカしい)シンプルな作品ながら、「電子工作コンテスト2012」にてガジェット・カフェ賞を受賞したり、学生CGコンテストにて映像が審査員賞を受賞している。

※周囲に人がいる場合は視聴に注意!

Sekuhara Interface | セクハラ・インターフェース from Yutaro Keino | Sticky Film Pro on Vimeo.

今回、SIの妄想・デザイン・広報担当の市原えつこと藤井直敬それぞれのブログで、そのSRシステムとSIが(ユーザーにとって)夢のコラボレーションを果たしたと発表された。どのような形でどのような機会に全貌が明らかになるのかも未定だが、既に実験は何度か重ねられているようで、女優の藤崎ルキノをモデルにした撮影会の様子の画像も公開されている。

曰く、「現段階で出来つつあるのが、生の大根に虚構の美女の生脚を重ねてインタラクションできるいけないシステム。鑑賞者の興奮度合いに応じて、仮想の美女の行動がエスカレートしていく。」( 妄想と現実を代替するいけないシステム「SRxSI」 //////ojach////// )とのことだが、今回のSRシステムとSIのコラボは、藤井直敬が「体験型のプラットフォーム」と呼ぶSRシステムにおいて、感情に応じたインタラクションが可能なSR環境の構築を目的としている。

そのうち体験会も開きたいとのことで、今後の続報を心待ちにしたい。

藤井直敬のブログ「BrainHackers」
http://www.brainhackers.org/archives/2013/03/4864

市原えつこのブログ「//////ojach//////」
http://mojach.blogspot.jp/2013/03/srxsi.html?m=1

関連記事

こんな記事も読まれています

関連キーフレーズ

「市原えつこ」を編集する

キーフレーズの編集には新規登録またはログインが必要です。

この記事をツイート 135

KAI-YOU.netでは、ユーザーと共に新しいカルチャーを盛り上げるため、会員登録をしていただいた皆さまに、ポップなサービスを数多く提供しています。

会員登録する > KAI-YOU.netに登録すると何ができるの?

この記事へのコメント(0)

コメントを削除します。
よろしいですか?

ページトップへ